相談相手との恋愛はある?女性に恋の相談をする男性の本音

ただの相談相手から恋愛に進展する可能性は?

好きな男性から恋の相談をされても落ち込まないで。誠実に答える優しさをアピールすれば、いつかチャンスがあるかもしれません。

恋に悩むのは男女共通。しかし相談となると話は別。誰かに話を聞いてもらえさえすれば気が済む女性とは違い、男性にとっての「相談」は、的確なアドバイスを求めます。よって相談する相手も吟味します。

恋愛に限らず、男性は誰かに悩みを打ち上けることは苦手。それは他人に「弱み」を見せたくないから。
特に男同士では、エッチな話題の延長で異性の話をすることはあっても、デリケートな心の内側をさらすようなコイバナは滅多にしません。

男性が恋の悩みを相談するとしたら、相談相手には女性を選ぶことがほとんどです。中でも、幼なじみのように気心の知れている関係や、甘えやすい年上の姉貴的存在の女性が適任だと考えます。

その男性が相談相手の女性と恋に落ちるかといえば、それが真剣な悩みであるほど可能性は薄いでしょう。少なくとも、渦中の恋愛がエンドマークをつけるまでは難しいと思います。

もしもあなたが好きな彼に恋愛相談されたら悲しいですよね。だけどそこで諦めるのはまだ早い。心で泣きつつも笑顔をたやさず、真剣に相談に乗ってあげましょう。
心を開いてもらえるのは親しさのサイン。その恋が終わればあなたにもチャンスが訪れます。今は彼の恋愛傾向を知る機会と割り切り、機が熟すのを待って。
 

実は恋愛相談!屈折したアプローチであることも

上記とはまったく別の意味で、恋愛相談を持ちかける男性もいます。
この場合、相手にとっての恋愛ターゲットは相談された女性のほう。上記とは違い、内容もさほど真剣なものではありません。そもそも目的はあなたと親しくなることですから、相談内容自体「作り話」である可能性が高いです。

「こんなとき、君ならどうする?」と相談相手である女性自身の心理を巧みにインタビューしたり、あなたと彼とのエピソードを匂わせる内容であったり、この手のアプローチは容易に見抜くことができるはず。

男性に恋愛相談を持ちかけられた際、深刻な悩みでなく、むしろあなたとのコイバナを楽しんでいる感じであれば、あとはあなた次第。

男性が相談に見せかけて女性にアプローチするのは、傷つきたくない心理から。別の人のたとえ話として、あなたの気持ちを確かめているのです。

相談に対し、彼の期待する答えを返せば、もう恋は秒読み段階。イニシアティブはあなたが握っています。
彼のことを好きならば「私だったら……」と前置きして間接的な愛の告白を!

女性から男性への恋愛相談にも、さまざまな本音が隠されています。
それはどんな心理なのでしょうか?
 

女性が男性に恋の相談をする心理は複雑

女性から恋の相談をされるのは、その男性を信頼している証拠。好意的に受け止めて。

女性から恋の相談をされるのは、その男性を信頼している証拠。好意的に受け止めて。

女性にとって、恋の悩みを打ち明けるハードルは男性ほど高くありません。中には周囲の友達に片っ端から相談し、もらったアドバイス通りにコマを進める依存的な人もいます。

恋愛に限らず、悩みはオープンマインドに相談できるほうがストレスも溜まりません。特に恋愛においては、ひとりよがりに苦しむより第三者の意見に耳を傾けたほうが冷静な判断ができるし、恋愛スキルも格段にアップできます。

しかし女心というのは複雑です。同じ相談を持ちかけるのでも、相手が女性と男性ではニュアンスが違います。

同じ女性相手の場合、それは恋愛相談以上でも以下でもありません。しかし相手が男性の場合、純粋に相談だけの意味ではないことも。

まず、女性は相談相手に「まったく恋愛対象外」な男性は選びません。恋愛感情までは至らずとも、異性として意識する程度には好意を抱いている場合がほとんどです。
(恋愛以外の相談の場合、その限りではありません)

もしあなたが相談してきた彼女のことが好きならば「君にそれだけ愛される相手の男がうらやましい」と、少しのヤキモチを伝えてみましょう。困りながらも喜んだり照れているようであれば、たとえ(相談内容に登場する)彼が本命だとしても、起死回生のチャンスはあります。

先の男性の例と同様、狙った男性に対し「相談を持ちかける」という形式でアプローチする女性もいます。女性の場合、傷つきたくないというよりも、恥ずかしさのあまり屈折した言い回しになっていることも。

彼女の気持ちに応えたいと思うのであれば「それって僕のこと?」と核心に触れたほうが吉。
じれったい言葉遊びが楽しいのはドラマの中だけ。素直じゃない女性には、直球で男らしくリードしなければ恋は進展しません。

男女とも「気がない相手」「気がある相手」どちらにも相談を持ちかける可能性はあります。
ひとつだけ確かなのは、相談する人は相談相手に対し、心を許しているということ。ただの他人よりも友人よりもずっと、恋愛対象になる可能性は高いということ。

諦めるのはまだ早い。アドバイスしつつも「私ならあなたをもっと幸せにできる」とさりげなくアピールしておけば、その恋が終わったときに、胸を借りにやってくるかもしれませんよ。

【関連記事】
<ガイドからお知らせ>
活動情報や告知はFacebookファンページTwitter公式ブログをご覧ください。


■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

【経験談例】
40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)
モラハラ・DV夫との生活に耐えかね、予告なしに家出。離婚調停を経て離婚した話(40代、女性)
W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

☆エクシェアの記事を毎月お得に読めるマガジンこちら
「パートナーの不倫・夫婦関係の再構築」に関する体験談を読むならこちら

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。