ミドルネームをつけることはできる?

Q:
外国人と結婚し、主人の親類はすべてミドルネ-ムをもっています。子供は日本では私の名字を使い、海外で暮らす時は夫の名字を使うことになりますが、日本でもミドルネームを使うことはできるでしょうか。またミドルネームをもった場合、姓名判断はどちらの名字を使い、ミドルネームはどう数えればよいのですか?

ミドルネームは戸籍に載せられない

赤ちゃん

日本でもミドルネームをつけられるの?

A:
まず日本では、戸籍にのせる正式の名前は、日本人である母親の戸籍に一つの本名を登録することになりますので、ミドルネームはつけられません。どうしても戸籍にミドルネームをつけたいなら、出生届の名前の欄にファーストネーム(本名)とミドルネームとつなげて書き、全体で一つの名前として戸籍に登録してもらうしかありません。ただしそんなことをすれば名前が長すぎていろいろな用紙に氏名を書けなくなり、社会生活に大変な支障をきたしますから、決しておすすめできることではありません。

ふだん知人友人の間でミドルネームを名乗ることはとくに禁止されてはいませんが、やはりそういうことは混乱のもとにはなりますから、日本でわざわざそこまでする必要が本当にあるのかどうかを充分お考えになっていただきたいものです。

姓名判断は外国の名前を占うようには作られていない

姓名判断はもともと東洋人の氏名を占うように作られたもので、日本や中国の文字で書かれた一つの名字、一つの名前を使って占います。ミドルネームをもつ欧米人や、名字をもたないアラブ人やビルマ人の氏名を占うことを想定してはおりません。ですから今世間で行われている姓名判断を使って外国人の氏名を占いたいなら、一つの名字、一つの名前を特定できることが前提であり、文字はすべてカタカナに直して画数の足し算をすることになるでしょう。ミドルネームの部分の画数を数えるという発想は初めからありません。

もっとも占いというのは、誰がどんな占いを作ろうが自由ではあります。現在、姓名判断だけでも何十もの流派があって占い方はまちまち、判断もまちまちですから、外国人向けの新しい姓名判断の方法を作ることも自由ではあります。将来はニーズに応えてそのような姓名判断が世に現れることも考えられます。

余談ですが、アメリカには日本の姓名判断と非常によく似たOnomancy(オノマンシー)という遊びがあります。人の氏名を活字で書いて画数を数えて足し算をし、いろいろなことを言うわけです。欧米人の氏名で占いをするにはこれが最も便利ではありますが、ただこれはあくまで子供の遊びであり、大人でこういうことをする人はあまりいないようです。日本では逆に、姓名判断は子供はあまりせず、大人ばかりがやっているのです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。