皆さんは未経験でも応募可能な求人案件を見たことがあるでしょうか。実際、異職種転職を希望する人の場合は、未経験でも応募可能な求人でない限り、書類選考に通ることはないものです。そうした意味では、大きなキャリアチェンジを希望する人にとって未経験でも応募可能な求人案件は、さぞかし魅力のある話に聞こえることでしょう。

なぜ未経験でも応募可能なのか

alt

未経験でも応募できる案件は意外に多い

ではここで、採用側の事情について、少し考えてみることにします。実際、若手の採用であったとしても、ある特定の分野において少しでも実務経験を持っていることは、業務を行う際にとても役立つものです。ならば未経験の人をあえて採用するのは得策ではないことになります。つまり、期間は短くてもいいので少しでも実務経験がある人を採用すればいいことになるのです。それにもかかわらず、企業は「ある特定の事情」がある場合に限り、未経験採用に踏み切ることがあります。

さて「ある特定の事情」ですが、これにはいろいろなケースがありますので、その主なケースを一つひとつ説明したいと思います。まず企業が採用を急いでいるとき、できるだけ応募のハードルを下げたいという気持ちが反映して、未経験採用に踏み切る場合があります。もちろん、少しでも経験がある人が有利であることは間違いないのですが、同職種で複数採用、採用期限まで日数がない時などは、未経験採用枠が増えることがあります。

未経験採用の王道は「難易度が高くない仕事」

alt

仕事をやり続けるには、モチベーションが必要

未経験可の求人案件が魅力的に見える場合もあると言いましたが、これは一つ見方を変えれば、仕事そのものの難易度が高くないから未経験でもすぐに仕事を覚えられる、そして仕事にもすぐ慣れることができるということなのかもしれません。これはいい面もあるでしょうが、気をつけなければならない点もたくさんありそうです。

たとえば、単調な繰り返しの仕事かもしれませんし、簡単がゆえにものすごいボリュームの仕事をこなすことを求められるかもしれません。やっているうちにすぐに飽きてしまうような仕事の可能性もあります。つまり、難易度が高くない仕事というのは、誰でもすぐにできる仕事であるがゆえに、あまり待遇が良くない可能性が高いのです。

また、企業にとって、なかなか採用が難しいポジションがあります。待遇が悪いため採用が難しいというケースもありますが、そうでない場合でも、たとえば会社の業績が悪いことがマスコミに報じられていたり、社会問題を起こしたことがあるような企業の場合、採用が難しいケースが多いため、最初から未経験者を採用して、入社後になってから早急に研修等で仕事を覚えてもらうようにしようと考えている企業も少なからずあります。