禁煙外来、費用、治療薬、チャンピックス、副作用

禁煙治療薬チャンピックスの副作用は、吐き気、頭痛、だるさです

禁煙を決意し、禁煙外来に行ってみよう、と決意したあなた。そこで気になるのは、治療にかかる費用と治療期間、治療の流れです。今回は、禁煙治療薬バレニクリン(一般名:チャンピックス)を用いた、禁煙外来での治療費用、治療期間、治療の流れについて説明します。

禁煙治療薬チャンピックスの使用方法

チャンピックスは、治療第1週目に徐々に増量しながら、1日2回、合計12週間内服する経口薬です。禁煙外来受診日に、いつから禁煙を開始するか決めます。決めた禁煙開始日の1週間前から、チャンピクスの内服を開始します。

内服開始1~3日目までは、1日1回、0.5mg 1錠内服します。4~7日目までは、0.5mg 1日2回朝夕食後に内服します。内服開始して1~7日目までは、タバコを吸いたかったら、吸ってもかまいません。
内服開始8日目が、初診日に決めた禁煙開始日です。タバコは、もう1本も吸いません。8日目からは12週治療終了日まで、1mgチャンピックスを1日2回朝夕食後、内服を続けます。
禁煙外来、費用、治療薬、副作用、チャンピックス

チャンピックスは、治療開始から12週間飲み続けます。1週目から徐々に薬を増量していきます


チャンピックスの主な副作用は、吐き気です。これを抑えるため、チャンピックスは必ず食後に内服します。また、コップ1杯程度の水、もしくはぬるま湯たっぷりで飲むことがポイントです。

保険診療による禁煙治療スケジュール

標準的な禁煙外来での禁煙治療プログラムは、12週間にわたり計5回の禁煙治療を行います。受診の際には、初診料、再診料のほかに、ニコチン依存症管理料が必要です。
禁煙外来、費用、治療薬、通院期間、治療の流れ

禁煙治療は12週間行います。初診料、再診料の他に、ニコチン依存症管理料が必要です


禁煙外来の費用

保険診療で禁煙外来を受診した場合にかかる費用です。チャンピックスを使用した禁煙治療における患者さんの自己負担額は、3割負担で18000円程度です。
禁煙外来、費用、治療薬、副作用

禁煙外来で3割自己負担の費用は、18000円程度です


上記費用額計算条件:

■ 禁煙のみを目的に、診療所で治療を受ける
■ チャンピックスを標準的な用法、用量で12週間使用する
■ 再診料に外来管理加算 52点を含む
■ 薬剤料のほか、調剤料は別途必要
■ チャンピックスのみ処方した場合
■ 血液検査、心電図検査などを行わない
■ 他の病気の治療に合わせて禁煙治療を受ける場合は、初診料や再診料は重複して支払いません

チャンピックスの副作用

チャンピックスの服用で、めまいや眠気が出ることがあります。自動車の運転など危険を伴う機械を操作する際には、注意が必要です。また、抑うつ気分や不安 症状などが出ることがあります。うつ病や不眠症などの病気を治療している場合には、症状の悪化を起こすことがあります。主治医に相談しながら、禁煙治療を 行いましょう。

禁煙外来実録:
禁煙外来ブログも、ご参考にしてください
http://blogs.yahoo.co.jp/kiyokorin/folder/1043099.html

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項