日本全国に店舗、ATMがあるゆうちょ銀行

ゆうちょ銀行

ゆうちょ銀行は使いやすい?

ゆうちょ銀行の一番の特徴といえば、店舗やATMの数が多いこと。

ゆうちょ銀行の店舗に加えて、郵便局が代理店となってゆうちょ銀行の商品・サービスを取扱っています。総店舗数は、北海道から沖縄まで全国に約2万4000。ATM設置台数は約2万6000。日本全国にまんべんなくあるのが特徴です。

転勤で住所がかわっても、旅行先でも、利用することができるということですね。店舗数の多さは使い勝手のよさにつながります。


ゆうちょ銀行では店舗により取り扱う商品が違う点に注意

ゆうちょ銀行では、貯金や国債のほか、投資信託も取り扱うようになりました。またゆうちょ銀行口座間での送金に加え、他の金融機関への送金も可能に。国際送金、外貨両替などもできます。

ただし、どの店舗でも、すべての商品やサービスを扱っているわけではありません。店舗により、窓口で取り扱う商品が違う点には注意が必要です。

ゆうちょ銀行サイト内の「店舗・ATMのご案内」で店舗を検索すると、その店舗で取り扱う商品やサービスを確認することもできます。


ゆうちょ銀行はインターネットバンキングもできる

ゆうちょダイレクトを申し込めば、インターネットバンキングで、残高や入出金の照会、他の金融機関への振込、定額貯金や定期貯金の作成などができます。


ゆうちょ銀行の預け入れには限度額あり

ゆうちょ銀行は、一人あたり原則1000万円までという預入の限度額があります。ふつうの銀行には、このような限度額は設けられていません。資産をたくさん持っている人には、物足りないかもしれません。


ゆうちょ銀行の安全性の高いICキャッシュカード

ゆうちょ銀行のキャッシュカードは、偽造されにくいICキャッシュカードです。従来の磁気ストライプキャッシュカードからの切り替えは、全国のゆうちょ銀行や郵便局の貯金窓口で申し込むことができます(無料)。生体認証機能も設定することができます。


このようにゆうちょ銀行の強みは、店舗数が多いこと、ATMや貯蓄商品(定期貯金、定額貯金)の使いやすさ、世界各国への国際送金が簡単で割安なことといえそうです。また郵便局内に店舗があるので、郵便を出すついでに立ち寄れるなど便利で、幅広い世代の人が気軽に利用でき、親しみやすい銀行とも言えます。

【編集部からのお知らせ】
・「家計」について、 アンケートを実施中です!

※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※2022/6/1~2022/6/30まで

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。