次世代ビジネスのキーワードは、なるべくムダを省くこと

次世代ビジネスのキーワードは、なるべくムダを省くこと

次世代ビジネスのキーワードは、ノー在庫、ノー設備投資、ノー固定費、高利益率、高レバレッジです。

ノー在庫

在庫は持たない。
在庫があれば保管場所が必要。
お金が在庫として寝る。
時間が経つと不良在庫になるリスクがある。
そのため、できるだけ在庫は持たない。

ノー設備投資

機械設備を導入したりするのは、うまくいかなかったときが大変。
システムに高いお金を支払っても、ペイするとは限らない。
しかし、参入コストゼロなら、いくらでも失敗できるし、
やり直しも容易。

ノー固定費

家賃や人件費、月会費、年会費など、売上に関わらず発生する
固定費は,売上が下がったとき、ボディブローのようにダメージ
となる。
だから、できるだけかけない。
各種サービスも、なるべく無料のものを利用する。

高利益率

企業の場合はマーケットシェアをとる、製造コストを下げる、
などの戦略の元に、薄利多売でビジネスを仕掛けることはある。
しかし個人でそれをやると疲弊する。
だからなるべく利益率の高いビジネスを仕掛ける、商材を扱う。

高レバレッジ

個人の力は小さい。
自分の労働力に完全に依存すると、非常に不安定。
だからこそレバレッジを利用し、少ないインプットで大きな
アウトプットを出せるようなビジネスに取り組む。

これらを満たすのが、電子出版や作曲などのライセンスモデル。
インターネットのアフィリエイトモデル。
FXなどのハイレバレッジ金融商品です。
世界のどこにいても、ネットにつながったパソコン1台あればできる。
身軽で捨ててもいい。
そんなビジネスチャンスが広がっています。

対極が飲食店です。
食材という在庫が必要で、その在庫も時間が経つと腐る。
厨房や内装造作など設備投資がかかる。
料理そのものの利益率は高いが、人件費や店舗の家賃などを考慮すると、あまり高くはない。
人件費や家賃は巨大な固定費であり、売上が厳しいときはモロに収益を圧迫する。
多店舗展開しなければレバレッジがきかない。
人のマネジメントが大変。
そして食中毒などのリスクを抱える。

この飲食ビジネスで成功している人は、まぎれもなく、すごい人たちです。
手放しで尊敬します。

しかし現代は、ノーリスクでビジネスに参入できる時代です。
年末年始は、そんな次のビジネスを考える時間にしたいものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。