大きな窓のある明るく開放感のある部屋がいい。そのイメージで間取りを進めると、壁不足に。落ち着かないし、そもそも収納がなくて片付かない!といった、日常の問題が起こりがちです。吊り下げや掛ける収納に使える、片付けやすい壁を残しましょう。


壁収納で実用&演出

キッチンでの片付け方は、好みによって次の2つのタイプに分かれます。
  • 使いやすさ優先で出しておきたいモノにこだわりのある「見える収納派」
  • 扉の内側にしまって余分なモノが何もない状態にしたい「キッチリ収納派」
自分がどちらのタイプなのかが分かっていると、収納の形式が決めやすくなります。両派の中間派という場合は、どちらがメインなのかを決めておくといいでしょう。今回ご紹介する壁収納は、「見える収納派」向きです。
IKEA船橋ショールーム

壁に付ける道具は、タオル掛けのようなパイプ、マグネットになったバー、桟が連なったパネルなど(IKEA船橋)

面積や間取りの都合によっては、キッチンに奥行のある収納棚が造れないということがあります。そんな制約条件のあるケースでは、壁収納がうってつけです。必要な道具を壁に並べることができて、通路の邪魔にならないうえに、料理がスムーズに進みます。

出しておく道具の種類や配置にこだわれば、さらに見せる収納としての演出効果が期待できます。壁に色を付けたり、ハーブのポットを吊るしたりすると、楽しくて賑やかな空間になって料理の励みになるはず。壁収納を積極的に取り入れたいなら、間取りを検討する段階で、壁の位置と分量を確保しておくことが肝心です。

散らかりがちなモノは壁でしっかりとキャッチしましょう。