ベッドルーム収納家具は、ワードローブ。

筆者の事務所近くにあるIKEA港北店は、いつ行っても盛況だ。
周辺が横浜港北ニュータウン等の住宅地なので特に週末は、カップル、家族連れで賑わっている。

IKEAの品揃え、ディスプレー、サービスなど時代のニーズにあった商品と販売コンセプトがしっかりとしているからだ。レストランのミートボールも結構イケるしね。

さて、今回ご紹介するIKERの商品は「収納家具」。
1

収納家具シリーズ(引用:IKEA HP)●クリックすると画像が拡大します。

まぁ、収納家具と言ってもリビングルーム、ダイニングルーム、ベッドルーム、キッチン、キッズ、ワークルーム、バスルーム等、使用するお部屋や用途によって様々なタイプがある。

そんな中、筆者がいつも感心する商品はベッドルームで使用する収納家具/ワードロープ「PAX/パックス シリーズ」。
2

収納家具/PAXシリーズ(引用:IKEA HP)●クリックすると画像が拡大します。

ワードローブ(wardrobe)は、洋服箪笥(タンス)の意味。衣装箪笥とも呼ぶ。
「いくつあっても足りない!」と言う衣装持ちの方、お近くにいませんか?

衣装の収納は、サイズがどうしても大きいものになるので「場所をとる」、「衣装別の区分けや収納の仕方が異なる」、それに「価格もそれなりになってしまう」……等、とにかく厄介な代物だ。

そんな悩みの種を解決するワードローブがIKEAにある「PAX/パックス シリーズ」。
お部屋の広さや収納量、収納方法に合わせて組み合せができる収納家具シリーズなのだ。

必要なパーツを選択して自分好みのワードローブを作る!


4

収納家具/PAXシリーズ(引用:IKEA HP)●クリックすると画像が拡大します。

奥行、幅、高さなど全体の大きさの選択はもちろん可能、扉、内部の収納間仕切り、棚や抽き出し、ハンガー、フックなど収納アクセサリーやパーツの品揃えが豊富。
それにナント言ってもその低価格にはおそれいる。
もちろん、お部屋サイズにピッタリ合わせる特注家具と比較するとサイズや品揃えが豊富と言っても限度はある。が、結構イケるんだな、コレが。

自分で必要なパーツを選択して自分好みのワードローブを作る! とにかく素敵なシステム家具なのである。
6

収納家具/PAXシリーズ(引用:IKEA HP)●クリックすると画像が拡大します。


お店ではもちろんだが、ホームページ上で自分好みのワードローブを計画できる上、価格もわかる。
早速、ホームページを使って簡単にご紹介しよう。