御存知の通り、2011年7月24日に地上アナログ放送が終了した(被災地3県を除く)。おそらく多くの家庭で地上デジタルテレビを購入して対応したことと思うが、その一方で未だアナログテレビを持っている人も多いのではないだろうか?ざっと数えて個人用のテレビ、浴室テレビ、カーナビのテレビ、携帯のテレビなどなど。その中で個人用テレビの使い道を考えてみよう。

アナログ世代の液晶テレビ、余ってませんか?

古いアナログテレビ

書斎にゲームコーナー、なんてどうでしょう?

もしあなたの部屋に使用していないアナログテレビがあったら、とても勿体無いことをしているかも知れない。

テレビは映らないし、廃棄するにもリサイクル費用がかかる。買い換えるのはもったいない…。だからといって押入れにしまいこむより、ちょっと活用法を考えてみたらどうだろうか。

もしリビングに置けるほど大きな液晶テレビなら、そちらにPS3を接続するのも手だ。32インチ以上のサイズならばPS3の表現能力も発揮できる。
また、PS3に周辺機器『torne』を接続すれば、地上デジタル放送を受信することも可能だし、簡易的なレコーダーとしても活用できる。

もちろん外付けの地デジチューナーでもデジタル放送を受信することは可能なので、ケースバイケースで考えていきたい。

ただ、現在発売されているPS3をD端子接続で使用する場合、ブルーレイディスクの出力のみSD画質に制限される。

また32インチ未満のテレビであれば、パーソナルユースでの再利用を提案してみたい。