七輪を憶えていますか?木炭や豆炭を燃料とする調理用の炉ですね。昔は町内の庭や軒先きで、魚を焼いている風景をよく見かけたものです。現在では煙りが出る、臭いがするとやや敬遠されぎみですが、田舎で使う分にはその辺の気遣いは心配無用。今回は、田舎暮らしの必須アイテム「七輪」で楽しむ、旨い!料理をピックアップします。

前回の記事はコチラで>>田舎で七輪を使いこなす

七輪+炭火で美味しい料理

炭火料理がおいしいわけの80%以上は、赤外線よるものといわれています。炭火は強い赤外線を発し、七輪も珪藻土を素焼きしたセラミックスでできており、加熱すると強い赤外線を発生します。
食材の表面組織を一気に硬化させる赤外線。うま味を外部に逃がさず、歯触りや食感を作り出します。だから炭火と七輪は「うまい!」を生み出す最強のコンビといえるんですね。

燻煙効果も見逃せません。燻煙効果は脂が落ちる食材にのみ影響を与えます。例えば、サンマを焼くと脂が炭火に落ちて煙が発生し、この煙がサンマに味付けをしてくれます。あの独特のスモークフレーバーが付着することで、いっそうの食欲をそそりますね。

・鮎の串焼き
写真はイメージです

写真はイメージです

まず、尻尾を上に跳ね上げて、背ビレをピンと立てる踊り串を打つ。先に鮎を踊った形にしてから、単に真っ直ぐに串を刺すのがポイントです。胴体には軽く振りかける程度。ヒレには焦げにくいようたっぷりと化粧塩をします。
串を立ててじっくり炙れば美しく焼き上がります。 本格的な串焼きを味わうには、最低2時間は必要でしょう。天地を逆さにしたり、回したり、じっくりと丁寧にしないと一部だけ焦げてしまうのでご注意を。

・ピリ辛焼き鳥
鶏肉にたっぷりタバスコをかけ、塩をふります。辛いものが大好きなら、タバスコに漬かるほどかけてください。おろしニンニク、コショウなどもお好みで。皮がパリッ!と焼ければ完成。シンプルに塩をかけて焼くだけでもいけます。

・烏賊(イカ)の干物
内臓や骨を取り除いた生の烏賊を、日本酒に浸します。日本酒を拭き取らず、そのまま指先で一つかみほど(2~3g)の塩をかけ、表裏ともムラにならないように指でのばしてください。足の部分もまんべんなく、もむように塩をつけます。

写真はイメージです

写真はイメージです

胴と頭をぬいつけるように串を打ちます。縄にぶら下げるだけでも、網の上にのせるだけでもかまいません。乾燥しやすい状態で干せれば問題なし。風通しのよい屋外で干してください。1時間も干せば旨味がでますので、長時間干す必要はありません。そして炭火の七輪で焼く。表面をパリッと強火で焼き上げると、中から烏賊汁が……

ピートを使った炙り焼きバーベキュー

七輪で燻製料理ができないか? とインターネットで探していたら、見つけました!ピートを使ったスモーク料理。スコッチウイスキーの製造工程で使用されるピート。スコットランドでは燻製材としても使用され、高級な食材として食されているそうな……。酒仙を目指し日々切磋琢磨している私のはずなのに、不覚にも知らなんだ。

ピートとは、ヒースというスコットランド北部の原野に多い野草や水生植物などが、炭化した泥炭のこと。モルトウイスキーの香りを特徴づける重要な材料ですね。ピートの煙で麦芽を乾燥させ、その燻した香りが麦芽につくことによって、あのウイスキー特有のスモーキーな香りが生まれます。このスモーキーフレーバーはスコッチウイスキーの大きな特徴の一つです。

ピート・スモークサーモン、ホタテ貝のピート燻製、マスのピート燻製、マスのピートを使った炙り焼、ロブスターのピート燻製、等々。ピート香で薫製した垂涎のレシピの数々。私はまだ試しておりません。どなたか以下のサイトを参考にでチャレンジされ、ご感想をお聞かせください。スコッチを片手にお待ちしております。

七輪とピートの使い方>>[七輪ピートスモーク]PEAT
燻製レシピ>>ピートで作る美味しい燻製料理の作り方!

*取材協力>>七輪本舗 切り出し七輪販売店

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。