光溢れるロフト付きスタジオ


写真をクリックすると次の写真に進みます
スタジオ
1. アプローチの正面はRC壁を黄土色にペイント。
2. マリオ・ボッタの椅子、キンタが置かれた玄関ホール。外階段のタイルがそのまま続く。
3. ロフトの上部は休憩室。アームチェアが置かれている。
4. ロフトの下部はミーティング・スペース。床面から1.5m掘り下げている。
5. アトリエからロフトを見る。同じ模様の壁紙で占められている。
6.東側の壁はガラスブロック。左右のガラス扉から中庭に出る。


市松模様のタイルのアプローチから階段を5段上がって正面のグレーのドアを開けると、宙に浮いたピンク色のロフトが出迎えてくれます。タイルのアプローチに足を進めると、20坪ほどの広い部屋に出ます。ここが鈴木健一郎さんと早苗さんのスタジオです。天井高は3m近くあり、南と西側の腰高の位置に横長の窓を設け、中庭に面する東側を大きなガラスブロックの壁にすることによって、ゆとりある明るい空間となっています。

◆建築データと建築家プロフィール