DIYリフォームでカフェ
くらの巣は銭函でセカンドライフを過ごすご夫婦の住処

海沿いの道路を中に入り、細い道を進むとあらわれるgallery & cafe くらの巣。

海沿いの道路を入り、細い道を進むと現れるgallery & cafe くらの巣。

札幌から小樽へ向かう道筋を少し海際に入ったところにあるのが、DIYリフォームで作り上げられたgallery & cafe くらの巣です。

くらの巣はもともとセカンドライフを過ごすご夫婦の夏の間の住処として建てられ、鳥の巣箱作りをしているご主人のアトリエ兼ギャラリーとして使われていました。

最初はごく平凡なデザインだったというこの家ですが、だんだんと不満がたまり、どうせなら本当に自分たちが気に入るような家にしよう! と、20年掛けて今の姿に作り上げました。

 

くらの巣の家正面玄関。玄関ドア、石段、壁の石張りからガーデニングまで全てDIYリフォームで作り上げられたもの。

くらの巣の家正面玄関。玄関ドア、石段、壁の石張りからガーデニングまで全てDIYリフォームで作り上げられたもの。


玄関ドア、石段、壁の石張りからガーデニング、カフェ、サンルームに至るまで全てDIYリフォームでの手作りです。そして数年前、どうせなら皆さんに見てもらおうとカフェを始めるようになったそうです。本当にのんびりと過ごして欲しいから完全予約制で、入れるのは1回に1組だけ。

海が見えるカフェコーナー。他にもソファーがあるパーゴラや素晴らしい庭園が続く。

海が見えるカフェコーナー。他にもソファーがあるパーゴラや素晴らしい庭園が続く。


海が見えるカフェコーナーもDIYで作られたもので、他にもソファーがあるパーゴラや素晴らしい庭園が続きます。美しい景色とご夫婦の心がこめられた空間、どこからともなく聞こえる函館本線の音が、時が経つのを忘れさせてくれます。

手作りのサンルーム空間。石が積み上げられ骨組みは木製で雪に強い仕様となっている。

手作りのサンルーム空間。石が積み上げられ骨組みは木製で雪に強い仕様となっている。


次のページ
はDIYリフォームで作った木の温もりに満たされたキッチン空間、漆喰の壁、手作りのキッチンセットや食器棚、ガーデニングの様子もご紹介します。