整理されたAdobe Premiere Elements 10 のインターフェイス

Adobe Premiere Elements 10 のインターフェイスは、初心者でもわかりやすいように、作業目的に応じて4つの操作パネルに整理されている。

001

Adobe Premiere Elements 10 の編集画面


1. 「プロジェクト」パネル

編集用の素材(「クリップ」と呼んでいる)を整理/管理するためのパネルが「プロジェクト」だ。映像や静止画像、オーディオデータの取り込み・管理を行う。
002

クリップの管理を行う「プロジェクト」パネル


2. 「編集」パネル

クリップに対するエフェクトの設定や、プロジェクトの設定する画面切り替え効果、タイトルの設定、ムービーテーマのテンプレート選択、映像と合成するクリップアートの選択など、編集目的に応じてパネル内容を切り替え、作業を子なうことができる。
003

エフェクトを選択するパネル


3. 「ディスク」パネル

DVDビデオなどディスクコンテンツの作成で利用する、メニュー画面のテンプレートを選択するパネル。

004

「ディスクメニュー」パネルで、DVDビデオなどのメニュー画面用テンプレートを選択する。


4. 「書き出し」パネル
編集した映像の出力方法を選択/実行するパネル。動画ファイルをはじめ、ディスクへの書き出し、YouTubeなど動画サイトへのアップロードなと、さまざまな出力方法に対応している。とくに、「Web DVD」は、DVDビデオコンテンツをWebサイトで公開できる形式で出力できる新機能だ。
005

出力方法を選択する「書き出し」パネル


色補正が簡単にできるようになった>>