インターネットで美術鑑賞しよう!Googleアートプロジェクト

Googleアートプロジェクト

Googleアートプロジェクトより ニューヨーク近代美術館収蔵 ゴッホ作「星月夜」


世界9カ国、計17の美術館の作品を、ネット上で観賞できるGoogleアートプロジェクト。美術作品1点1点をじっくり眺めたり、Googleストリートビュー機能を利用して美術館内を歩き回ることができます。

拡大機能で作品の細部まで

超解像度でで作品の細部まで観賞

今年2月に始まった、この取り組みに参加しているのは、メトロポリタン美術館、ニューヨーク近代美術館、ゴッホ美術館など、世界的に有名な美術館ばかり。ゴッホ作「星月夜」、ボッティチェッリ作「ヴィーナスの誕生」など、広く知られている作品を中心に、合計1000点ほどが公開されています。日本の美術館は、現在のところ参加していませんが、日本の作品として、葛飾北斎「雷神」、伊藤若冲「鶴図」をみることができます。

各美術館の作品1点は、超解像度に対応しており、作品の細部まで拡大表示が可能です。右の画像は、ニューヨーク近代美術館収蔵 ゴッホ作「星月夜」。作品にグッと近寄ってみると、筆づかいや塗料のひびなど、作品の持つ力が迫力とともに伝わってくるようです。


>> 次ページでは、Googleアートプロジェクトの利用方法をご紹介します。