日頃、何気なく使っているキャッシュカード。ここ数年、機能が格段と進化しています。いろいろなタイプのキャッシュカードを紹介します。

安全性が高いICキャッシュカード 

キャッシュカード

キャッシュカードが進化。

都市銀行を中心に増えているのが、ICキャッシュカードです。これまで一般的だった磁気カードよりも偽造が困難なICチップを搭載しています。ただし、まだICチップに対応していないATMもあります。ICキャッシュカードは、ICチップに対応しているATMではICチップで、対応していないATMでは磁気ストライプで取引できる仕組みになっています。

新しく口座をつくる際は、銀行がICキャッシュカードを標準仕様にしていれば自動的にICキャッシュカードを持つことができます。

すでに口座を持っている人が、キャッシュカードの再発行や切替をしてもらうには手数料がかかるのが一般的ですが、ゆうちょ銀行では、磁気キャッシュカードからICキャッシュカードへの切り替えを無料で行っています。

さらに安全性が高まる生体認証機能付 キャッシュカード

盗難、なりすましなどの不正利用に強いのが生体認証です。暗証番号に加え指静脈などの身体の一部の情報で本人確認を行います。ICキャッシュカードには生体認証機能も付いたものが多く、登録すれば利用できます。

クレジットカード機能付 キャッシュカード

新しく銀行口座を作るときに、よくすすめられるのがクレジットカード機能付きのタイプ。すでに使っている人も多いのではないでしょうか? ATM手数料が優遇されるなど、銀行サービスをお得に利用できる特典を付けている銀行もあります。クレジット機能付きは、収入等に関する審査があります。

詳しくはこちら >>> クレジット機能付きキャッシュカードの選び方都銀編

次に電子マネー、VISAデビットカード機能付キャッシュカードを紹介します。