預金よりも高金利な旅行積立とは

旅行積立

旅行積立で計画的に貯めて旅行へ。

旅行積立とは、銀行ではなく旅行会社などに定期的にお金を積立てるものです。そして利子の代わりにサービス額が付いて、旅行券で戻ってくる仕組みです。 一般的に、毎月の積立額と積立期間を決めて銀行引落しで行います。満期が来たら、サービス額をプラスした旅行券を受け取ります。

●積立総額+サービス額=旅行券

プラスされるサービス額を年利換算すると、現在1.75%~3%程度であり、銀行の定期預金の積立よりもお得です。また定期預金の利子からは20%の税金が引かれますが、旅行積立のサービス額はそのまま受け取ることができ、税金面でもメリットがあるといえます。

ただし、受け取りはお金ではなく旅行券ですから、あくまで旅行を目的とした積立に利用することが鉄則です。

旅行積立はどこでできる?

旅行積立を扱っているのは、大手の旅行会社や航空会社。毎月の積立額は3000円程度からで、会社によってはボーナス月の増額もできます。最短では6カ月、3年から5年にわたる積立も可能ですから、コツコツと積立てて、記念日の家族旅行などに利用するとよさそうです。

積立後に受取る旅行券で購入できる商品は、旅行会社や航空会社ごとに決まっています。国内外のパック旅行や手配旅行が一般的で、航空会社の積立なら航空券の購入もできます。計画している旅行に使えるかどうかを、申し込む前に確認しましょう。

旅行券の有効期限があるかないか、あれば有効期限を確認しておくこともお忘れなく。

次ページで、各社の旅行積立のサービスを紹介します。