都内であれば7時間半走れる?

日産リーフ

リーフが納車されて半年。走行可能距離や充電器の設置場所が懸念されている電気自動車は、果たして使い物になるのか?

電力不足が一段落することを見越してか、日産は電気自動車リーフのテレビCMをたくさん流し始めた。そんなことから最近「本当のところ、電気自動車はどうですか?」と聞かれる機会も増えている。私のリーフが納車され、もうすぐ半年。果たして電気自動車は使い物になるだろうか?

まず気になる走行可能距離について。私の乗り方だと満充電しておけば、余裕で150kmほど走ってくれる。これだけ走ると、毎日の足としては全く問題ない。東京都内の平均車速は20km/h程度。7時間半走って150kmなのだ。東京から横浜、千葉、埼玉といった隣県の往復なら余裕。

エアコンつけても意外と大丈夫


エアコンを使うと走行可能距離が大きく減ると考えている人も多いけれど、これまた心配不要。家庭用のインバーターエアコンと同じ省燃費タイプなので、最大で5%くらいしか影響しない。走行可能距離にして150kmから142kmになるだけです。走行可能距離で不満を感じることは無し。

もちろん遠出をしようとすれば厳しい。東京から箱根往復は無理。ただリーフオーナーの皆さんを見ていると、あえて途中で充電しなければならない遠出にチャレンジし楽しんでいるように見える。ここにきて急速充電器もジワジワ増えてきており、意外に使える。東名高速のSAには全て設置されているほど。