アフターシェーブが必要な理由

どんなに正しく洗顔とシェービングをしても、保湿やアフターシェーブをおろそかにしてはいけません。きちんと水分と油分を補給しないと、肌は乾燥状態になりかえって皮脂を分泌してしまうことも。そこで、アフターシェーブの習慣をつけて保湿をしましょう。

男性はよく「ベタベタするから何も塗らない」と言いますが、それは大きな間違いです。適度に保湿することで、ベタつきのない肌へと導かれるのです。

では、乾燥を放っておくと、上記のようにベタつきを招くだけでなく、他にはどうなるのでしょうか? まず、カサカサして肌の持つバリア機能が壊されます。外部からの刺激に弱くなって、炎症を起こすこともあります。さらに、シワやたるみなどのエイジングサインを招くことも考えられます。保湿は、エイジングケアの第一歩なのです。

アルコールが入ったものは、シェービング後に使うとヒリヒリとしてしまうので、避けた方が無難です。アルコールはかえって肌を乾燥させてしまうこともあります。

 


ローションで水分補給

アフターシェーブ

さっぱりとみずみずしく、浸透力の早さが特徴。余分な角質もオフ。アラミス ラボ シリーズ「ウオーター ローション」200ml 3780円

ここからは具体的な保湿のステップをご紹介します。まずは、基本のローション。水分を肌に与えるコスメです。男性に一般的なのが、アラミス ラボ シリーズの「ウオーター ローション」のようなボトルに入ったものでしょう。

手のひらで塗布しても、またコットンにとってパッティングしても、どちらでもOKです。どちらの場合でも、コツはしっかりと肌に浸透させること。ただ表面を濡らすだけでなく、きちんと押さえて肌の奥へ水分を送り込むことをイメージして。水分がきちんと入ると、肌は押し返すような弾力を持ち、もっちりとした肌触りへと変化します。

 


アフターシェーブ

温泉水100%でミネラルが豊富。アベンヌ「アベンヌ ウオーター」50g、150g、300g 735円、1575円、2310円(実勢価格・ガイド調べ)

また、忙しい人や不器用な人は、スプレータイプのローションを使うのもオススメです。タオルドライした肌に直接スプレーして、その後、軽く押さえて浸透させのはボトルタイプと同じ。ただ、こちらは、手やコットンなどに取るという動作が省かれますので、少しだけ、時短になりますね。

そんな時に便利なのが、アベンヌの「アベンヌ ウオーター」。フランスのアベンヌ村の温泉水をボトリングしたもので、シェービングで敏感になった肌を落ち着かせてくれます。

 


次のページでは、心地よいジェルやエマルジョンをご紹介します。