適度な日焼けはビタミンDの生成に関わったり、精悍な印象を与えたりしますが、近年、紫外線による肌への深刻なトラブルが判明してきています。

それは「光老化」と呼ばれ、シミだけでなくシワやたるみなどを招きます。もはや、男性でもUVケアは欠かせません。そこで今回はこ紫外線対策の必要性について解説します。

紫外線はあちこちから攻めてくる

UV

紫外線は容赦なく降り注ぎます。曇りの日でも肌に影響を与えるので油断してはいけません。

基本的に太陽光は上から降り注ぎますが、実はそれだけではありません。真っ直ぐな光を「直接光」だけでなく、空気分子などに当たって曲がって届くものを「散乱光」、さらに、地表や海面などに反射する「反射光」もあります。あらゆる角度から太陽光は届いているのです。体の内側も紫外線が反射してやけてしまうこともあります。つまり、紫外線はあらゆる角度から攻めてくるというわけ。

 


UV

最近では、さまざまな種類のUVクリームがあります。テクスチャーや白浮きしないかなどをチェックして購入しましょう。

また、意外ですが屋内にいても日焼けをすることも。何の加工もされていないと紫外線は窓ガラスを通過するので、窓の側にいる人は日焼けをしがちです。できるだけUVカットガラスに替えたり、フィルムなどを貼って防止しましょう。

紫外線とはいったいどういうものでしょうか? 紫外線はABCの3つの波に分けられます。まず、B波は表皮にヤケドを起こします。一方でA波はB波に比べてエネルギー量は比較的弱いのですが、真皮まで到達しDNAに影響を与えます。そしてC波は非常にエネルギーが強いのですが、オゾン層でほとんど吸収されてしまいますので、地上にいるならば、肌に直接、影響を与えることはほとんどありません。

 


UVクリームは一度にのばす

UV

初めからクリームを手のひらでのばしてしまえば、塗布しやすくなります。

このように光老化を招く紫外線は、UVクリームを塗って防ぎます。顔はおでこや鼻の頭、頬骨などが焼けやすいので、多めに塗ります。しかし、男性の中には、量の調整が難しい人も多いもの。そこで、まず手のひらにクリームをとって、それを両手をこすり合わせて伸ばします。均一になったら、先ほどのおでこなどに先に塗布し、それから全体にのばしましょう。こうすると、白残りもせず、均一に塗ることができます。

 


首筋やボディも忘れずに

UV

首筋やアゴ下などは顔と色の差があると奇妙に見えてしまいますので、しっかりケアしましょう。

日焼け止めを塗る習慣がある人でも、ボディや首などは忘れがちです。Tシャツのあとがついた日焼けはかっこいいものではありません。また、首筋や耳の裏などもUVケアを忘れがちです。自分の目に触れない場所だからこそ、しっかりとケアしましょう。

シミやシワ、たるみ等のトラブルは顔だけでなく、ボディにも起こります。肌を露出する場合は、しっかりとケアしましょう。

また、紫外線が強くなる夏だけUVケアをする人がいますが、できれば通年を通して、UVケアは行いましょう。盛夏やリゾート地などではSPF50+、PA+++などのしっかりとブロックできるものを、そして春~秋はSPF35、PA++前後のもの、冬はSPF20、PA+前後と使い分けるのが得策です。

私たちの肌に深刻なダメージを与える紫外線。ムダに老けないためにも、きちんとブロックしてください。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。