洗顔はスキンケアのファーストステップ。洗顔の方法で、将来の老化が左右されるとしたら、その重要性に気づいていただけるでしょうか。「顔なんて、洗えばいい」と思っている方は要注意。洗顔はターンオーバー(新陳代謝)に関わる大事なケアです。

必ず洗顔料を使うこと

洗顔

洗顔料にはさまざまな種類があります。固形石けん、クリーム、フォームなど。自分の好みに合わせて選べばよいでしょう。

男性の洗顔を見ていて、気になるのは洗顔料を使わない人が多いこと。体を洗う石鹸でついでに顔を洗っていませんか?  実は、顔の皮膚は意外に繊細なもの。ボディ用は洗浄力が強いものが多く、必要な皮脂までも奪ってしまいます。

ボディ用石鹸などでの洗顔を続けていくと極度に乾燥が進み、結果的にオイリー肌になってしまうなど余計なトラブルを招く危険性もあり。顔を洗うときは、専用のものを使用しましょう。

 


泡で洗うのがポイント

洗顔

どの洗顔料を使ってもしっかり泡立てましょう。たっぷりの泡で洗うことが洗顔の原則です。

洗顔料は必ず泡立てて使いましょう。泡は汚れを落とすだけでなく、肌と手の摩擦を軽減してくれるクッションです。次に洗うときの力の加減も重要です。一般に男性は力が強く、必要以上に顔をゴシゴシとこする傾向があります。これでは、せっかく泡で洗っても、クッションになりません。あまり力を入れてしまうと、たるみやシワの原因にさえなってしまいます。

 
次のページでは、具体的に顔の洗い方を紹介します。