全粒粉入りスコーンとジンジャーティー 

全粒粉と国産小麦粉、きび砂糖をさっくり焼きあげるスコーン(450円)

全粒粉と国産小麦粉、きび砂糖をさっくり焼きあげるスコーン(450円)

カフェメニューのおすすめは、英国流ティータイムの定番であるスコーンと、オリジナルのジンジャーティー。芦田さんはイギリスのスコーンのレシピをもとに試行錯誤を重ね、全粒粉と国産小麦粉、きび砂糖、香りの良さにこだわったバターを材料にして、外側はさっくり、内側はふっくらと、粉の良い匂いがひろがるスコーンを焼きあげています。

「おいしくつくるために大切にしているのは、基本的なことですが、こねすぎずに成形すること。オーブンに入れたら、焼きあがりの微妙なタイミングをはずさないこと」
どこにカメラレンズを向けても、さまになる店内。

どこにカメラのレンズを向けても、さまになる店内。

ティータイムに訪れる顔ぶれのなかに、インターナショナルスクールの英国人の先生や父兄がいるそうですが、彼らのお気に入りがこのスコーン。「Great!」と笑顔で楽しんでいるそう。
ダージリンとドライジンジャーをブレンドしたPORTMANS CAFEのオリジナル、真夏でも芯の冷えている体を優しく温めてくれるジンジャーティー(550円)といっしょにどうぞ。茶葉やコーヒー豆は、水上さんの両親が北海道で取引しているコーヒー専門店から仕入れています。

お昼どきに人気なのが、サラダまたはスープとセットになったカレー(900円)。タマネギとりんごをじっくり煮込んだポークカレーは、清澄界隈で働く人々、とくに男性のお客さまに好評です。

白い扉の奥でリフレクソロジーも

PORTMANS CAFEのある一階は、もとは中古バイクを扱うお店だったそうです。

PORTMANS CAFEのある一階は、もとは中古バイクを扱うお店だったそうです。

カフェの機能は飲食だけにとどまりません。「わざわざ清澄まで足を運んでいただくためにも、いろいろな人やモノ、情報に出会える面白い場所にしていきたいのです」と芦田さん。

その試みのひとつが、近所にサロンを構える女性スタッフによるリフレクソロジー。カフェの白い扉の奥に小さな個室があり、女性限定で施術を受けることができます。予約優先ですが、当日空きがあれば受けることも可能。お気軽にお訊ねください。
3~4名のミーティングにも最適な半個室。取材当日もビジネスパーソンがこのスペースを指名して訪れていました。

3~4名のミーティングにも最適な半個室。取材当日もビジネスパーソンがこのスペースを指名して訪れていました。

水上さんと結婚した10年前からカフェを開くことを計画していたという芦田さんに、カフェの魅力を訊ねてみました。
「落ちつけると同時に、わくわくした気持ちも取り戻せる場所。なにかプランを練るときにも、カフェに行くといい発想が浮かんでくるような気がするんです」

まったく同感です! 
平日にこのカフェをゆっくり味わうには、にぎわうランチタイムを避けて14時以降に訪れることをおすすめします。休日に丸八倉庫ビル内のギャラリー巡りをして、帰りにPORTMANS CAFEに立ち寄るのも素敵なコースですね。

▼PORTMANS CAFEのメニューとショップデータはこちら。