荷物が取り出しやすいバスケット

子供を乗せた状態でも、余裕のあるラゲッジスペース

子供を乗せた状態でも、余裕のあるラゲッジスペース

VOLOに取り付けられているバスケットは耐荷重2kgと一般的なスペックですが、子供を乗せた状態でも荷物の出し入れが簡単にできるのが特長。シート背もたれの位置とバスケットの口に若干の余裕があるため、乗せたままでも出し入れできるのです。

冬場や季節の変わり目は、洋服の脱ぎ着やフットマフの着脱もよくします。バスケットの口が広めであることで、これらの収納の際にはとても便利ではないでしょうか。


シートライナーは着せかえ効果も

通気性に優れるメッシュ素材ですが、寒い季節もそのままでは大変です。そこで登場するのが、オプションで販売されている専用シートライナー(3,990円)。装着したままでも折りたためるよう、薄手のキルティング素材で、3シーズン使いまわせます。このシートライナーも、マクラーレンの大きな魅力の一つ。リバーシブル仕様の華やかなデザインなのですが、定期的に新作が発表されるためコレクションをしているユーザーも多いそうです。


左が「ポピー/ブルー」の柄面、右が無地面を装着したところ。かなりイメージが変わって、気分まで一新

左が「ポピー/ブルー」の柄面、右が無地面を装着したところ。かなりイメージが変わって、気分まで一新


実際に新作のポピー/ブルーを装着してみると、着せかえ効果は抜群。座面がパッと華やいで、違うベビーカーを買ったような気分にさせてくれます。いずれも無地と柄面のリバーシブルとなっているので、TPOに合わせて変えるのもいいですね。宇宙やマリンモチーフなどの柄はブルー基調で、男の子でも使える柄物としても貴重ではないでしょうか。

 




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。