その愛情、執着ではないですか?

undefined

恋愛に正解はありません。だけど、自分が辛くなってしまうような選択だけはしないで。

二股が発覚してもなお、彼が「どちらも選べない」と言ったらあなたはどうしますか?

「選べないのはイヤ」と思うならば、あなたが身を引けばいいだけのこと。「それでも好きだから」と思うのなら、三角関係のままつき合い続けるしかありません。

いずれにしても、あなたはあなたの意思を基準に決めればいいのです。彼は「選べない」という意思表示をもって、相手に決断を委ねたのですから。

それでも後者(三角関係)を選んだ場合、たとえ自分の意思を尊重した選択だとしても、割り切れない気持ちを抱えてしまうのは否めません。

「いつまでもこの状態が続くとは限らない」
そう思って堪え忍ぶのもひとつの選択です。苦しいのはきっともうひとりの彼女も同じ。相手が先に彼の元を去れば、このまま彼女として生き残ることができるでしょう。

だけど疑問は残ります。三角関係という消耗戦に耐えることは、果たして幸せな選択なのでしょうか。

そもそも彼は、二股をかけるような人間です。ふたりの相手を傷つけるとわかってもなお、自分の気持ちを最優先する自己中心さ、あるいは逆に自分で決められない優柔不断さを持ったタイプでもあります。

欠点を知っても余りあるほど、彼は魅力的な男性なのでしょうか。それでも一緒にいたいと思うあなたの気持ちは、本当に愛情なのでしょうか。「なんとしても自分が選ばれたい」意地や執着ではないでしょうか。

ライバルに勝つために躍起になることが、ポジティブな意味での刺激になるならいいのですが、辛いだけなら潔く去るのもひとつの方法です。

恋に勝ち負けはありません。あえて言うなら「幸せになったほうが勝ち」。自分を幸せにするのも不幸にするのもあなた次第であることを忘れずに、自分の恋と向き合ってみましょう。


<こちらもどうぞ>
復縁できるカップルの法則
恋人の「異性の友人」は、許せる?許せない?

<ガイドからお知らせ>
最新記事の更新他、ガイドの活動情報や告知は公式ブログをどうぞ!
Twitterもやっています。フォロー歓迎。



■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
第三子を出産してすぐ、夫の社内不倫と、相手女性の妊娠が発覚。それでも夫婦関係の再構築を選択した話(30代、女性)

40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)

W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。