調理道具や食器の収納も肝心ですが、グルメなファミリーには食品のストックも重要なポイントです。使い勝手のいい収納パーツを選んで、快適で美食なキッチンを実現しましょう。

棚収納は死角に注意

スライド収納

目線より下が引き出せると死角ゼロ

調味料や缶詰など、食品類は形もサイズもバラバラで収納しにくいアイテムです。しかも消費期限の長いものが多いため、奥の方に隠れたまま気づかずに、手前にあるモノばかりを使ってしまいがち。結果として期限切れのストックがいつまでも残ることになり、食品だけではなくスペースも無駄になります。アイテムの多さと限られたスペースとがせめぎあうキッチンでは、これは大きな問題です。

食品をストックするには、棚に並べるというのが一つの方法。そして食品庫を設けたり市販のラックを使うという場合には、棚の奥行きに注意する必要があります。理想は、棚一段に一列の収納。ところがたくさんしまおうとすると、それだけ棚の長さが必要になるため、スペースの関係で諦めざるをえません。

多くの場合は、奥行きの深い棚を使うことになります。そうなると、棚の手前と奥に収納することになるので、しまい方には工夫が必要です。例えば、スパイスのような小さな瓶や袋入りの食品は、バラバラにならないように、カゴやケースを使ってひとまとめにして収納。吊り戸棚にしまう場合も、同じ方法で収納するといいでしょう。


スライド収納で一目瞭然

トール収納

レンジ脇か冷蔵庫脇にほしい収納

キッチン収納をプランするときには、システムキッチンやオーダーキッチン、金物メーカーのショールームが参考になります。最新の収納スタイルを目で見て、実際に触れることで使用感を確かめてみましょう。色んなスタイルがあるなかでも、スライド式の収納は奥行きが無駄なく使えるので、限られたキッチンスペースには有効です。

なかでも、幅が狭く背の高いトールサイズの収納は、奥までフルに使えるので食品収納にはピッタリ。ビン詰めや缶詰などを収めると重量もかさむので、滑らかに作動することが選択のポイントです。棚の位置が変えられるかどうかも見ておきましょう。棚の形状を見るときには、小さな食品がこぼれおちないかどうかをチェック。隙間から落ちそうなタイプなら、カゴやケースで補うのがベストです。

何がどこにどのくらいあるか? ストック収納の鉄則は、ひと目で分かることと、使いたいモノがサっと出し入れできること。収納パーツを上手に取り入れて、キッチンの快適度をさらにアップさせましょう。


匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。