『6月のビターオレンジ』

6月のビターオレンジ

6月のビターオレンジ



宝塚在団中には、劇画からそのまま抜け出たような『ベルサイユのばら』のオスカルや、抜群のダンステクニックで観客を魅了。
2006年『堕天使の涙』『タランテラ!』で退団後も、『エリザベート』をはじめミュージカルに、またダンス・パフォーマンスにストレートプレイにと意欲的に活動している元雪組トップスター・朝海ひかるさんが、ストレートプレイ『6月のビターオレンジ』に出演します。

演出は『COCO』『Nine the Musical』『ギルバート・グレイプ』など宝塚ファンの方々にもお馴染みのG2さん。
主な出演者は、優等生の弟役にNEWSの加藤成亮さん、出来の悪い兄役にTOKIOの城島茂さん。そして朝海ひかるさんは、謎の女性、森沢香織役を演じます。

『6月のビターオレンジ』とは、なんとも爽やかなタイトルですね。そんなタイトル通り、清々しくほんわかした気分になれそうな作品です。
さて、見どころなどを朝海ひかるさんにお聞きしました。