トルコリラへの両替はイスタンブールで

アタトゥルク国際空港両替所

到着後、空港の両替所でひとまず当座のお金を替えておきましょう

トルコの通貨はトルコリラ(TL)。数年前までは世界で一番インフレが激しい通貨だったのですが、2005年から1,000,000トルコリラ→1トルコリラという、ゼロ6つのデノミ(!)に踏み切り、今ではインフレ率もそこそこ安定しています。2012年2月現在、1トルコリラ=約46円です。

このインフレの影響で、トルコ国内には両替所があちこちにあります。特にイスタンブールは金融の中心でもあるので観光客が両替に困ることはあまりなく、日本で高い手数料を支払ってトルコリラを購入するよりは、トルコに入国してから効率のいいレートでトルコリラを入手する方がいいでしょう。

効率がいいのは両替所

両替所のレート

どこの両替所もドルとユーロのレートを前面に出していますが、日本円をトルコリラに替えてくれるところも多い

イスタンブールで両替する場合、一番お得なのは町の両替所。もしレートが書かれた電光掲示板にJPNがなくても、トルコリラと交換したい場合にはほとんどの店が対応しているでしょう。

その次に銀行(banka=バンカ)や郵便局(PTT=ペーテーテー)で、これらはレートがいいもののわずかながら手数料がかかります(銀行は4%、郵便局は2%など)。グランドバザールなどの貴金属店でも両替してくれますが、きちんとしたレート表があるわけではなく言い値になりがちなので、旅行者には難易度が高いかも。その日のレートを把握していれば利用も可能です。

銀行、郵便局は土日を除いて9~18時の営業。両替所や貴金属店はそれよりやや遅くまで開いているところもあり、土曜日もそのほとんどが営業しています。

最も避けたいのはホテルでの両替。最もレートが悪いので、切羽詰まった状況でない限りお勧めできません。

いつ、どこで、どのくらい両替する?

エジプシャンパザールの両替所

エジプシャンパザール入口にはこんな小さな両替所が

まずトルコの玄関口、アタトゥルク空港に降り立った際に空港の両替所で1~2万円ほどトルコリラに両替しておくのがベター。空港の銀行や両替所は例外的に24時間開いていますので、深夜や早朝のフライトでも両替可能。両替所や銀行は、日曜日はほとんどのところが閉まっているので、まずここで日曜日を含めた1~2日分ぐらいの両替を済ませておくのがいいでしょう。

ただし、空港の両替所は町中の両替所と異なり、銀行に合わせて、同じく4%の手数料をとるところがほとんど。このため、空港の場合は郵便局(2%)での両替が一番お得です。

詳細はこちら>>>アタトゥルク国際空港/イスタンブール

町の両替所は手数料なしでおおよそどこも同じようなレートですが、複数の両替所が集まったエリア(タキシムなど)やグランドバザール近辺だと競争もあり、レートもよくなる傾向です。逆に、大型デパート内に入っている両替所はたいてい一店舗のみなので、あまりレートがよくないことも……。グランドバザールに行った際に旅行中に使うトルコリラをおおよそで入手しておくのが一番効率的かもしれません。

 

イスタンブールはクレジットカード社会

トルコリラ

日本と違って、お財布に細かいお金は必須

イスタンブールは日本よりもさらに進んだクレジットカード社会。デパートやスーパーはもちろんのこと、最近では観光地にある美術館や博物館でもクレジットカードが通用するところが増えています。どうしても現金しか使えない場所としては、グランドバザールやエジプシャンパザールに入っている小さなショップ(ただし多くの店はクレジットカードが利用可能)、公共交通機関の乗車賃、タクシー代、キオスクや出店での買い物代、そしてチップです。

現金を使わなければならないシーンでは細かい金が必要になるので、両替時に「ボズック・リュトゥフェン(細かいお金でお願いします)」と言うのを忘れずに。トルコでは基本的にショップでお金をくずすことができず、おつりもあまりそろっていないので、大きなお札はほとんど用をなしません。200トルコリラ札なんて、あってもないも同然なので要注意!

トルコ全般の両替についてはこちら>>>トルコの両替
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。