料金はドコモの設定が適用される

料金に関しては、音声プランに関してはドコモが提供する従来のものが適用されます。パケット料金に関して、NTTドコモではテザリング(スマートフォンやケータイをポータブルWiFiルーターやモデムのように使える機能)に非対応なものは、パケット定額サービスを契約することで5460円もしくは5985円が上限となります。しかし、iPhone 4はテザリング対応機種となるため、上限は1万395円となるので注意が必要です。


おすすめはデータ通信のみのプラン

ここでガイドがオススメしたいのがiPhone 4をデータ通信のみのプランで契約するという方法です。電話機能は一切使えないため、通常のケータイとの2台持ちをしている人向けとなりますが、iPhone 4をパソコン向けのデータ定額プランで契約すれば5460円もしくは5985円が上限となります。当然、テザリングも利用できるので、外出先でノートパソコンをつないでネットもできて、この料金に収まるのでとてもお得です。
SIMロックフリー版iPhone 4のテザリング機能を使えば、iPhone 4をWi-Fiルータのように使える

SIMロックフリー版iPhone 4のテザリング機能を使えば、iPhone 4をWi-Fiルータのように使える


「iPhoneとケータイとポータブルWi-Fiルーターを持ち歩いて、データ通信料金だけでもかなりの出費がかさんでいる」と悩んでいる人であれば、iPhoneとポータブルWi-Fiルーターをまとめることができるので、かなりコストを削減できると言えるでしょう。

また、SIMロックフリーiPhone 4であれば、海外旅行時には現地のSIMカードを使って、通信料金を節約できるメリットもあります。最近では海外でもパケットを定額で使え、しかもノートパソコンと接続しても安価なプランなども登場してきています。SIMロックフリーiPhone 4が一台あれば、いろいろなところでお得に使えるというわけです。


【関連サイト】
SIMロック解除の手続き(NTTドコモ)



■容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。