本収納のアイデアリフォームで、部屋をスッキリ片付けましょう。いつの間にか増えた本が本棚から溢れて床に積み上がっている…… なんてことになっていませんか? 文庫本や新書、漫画コミックスがスッキリ片付く、省スペースな本収納リフォームをご紹介します。

本収納のアイデアリフォーム
本棚を買い足していくと、雑多で掃除のし難い部屋に

本収納のために本棚を買って置くという方法は、壁や天井との間、棚と棚の間にデッドスペースが生まれやすく、収納効率はあまりよくありません。また次々と本棚を買い足していけば、部屋が狭くなるだけでなく、雑多な雰囲気になり、掃除もし難くなります。

どんどん増える本。次々と本棚を買い足していくと部屋は雑多な雰囲気に。

どんどん増える本。次々と本棚を買い足していくと部屋は雑多な雰囲気に。


省スペースでムダの無い本収納にするめには、本棚のサイズに合わせて本を収納するのではなく、本のサイズに合わせて本棚を作るリフォームをすること。本のサイズには規格があり、サイズを把握しておけば、様々な場所に本収納スペースを見つけ出すことができます。

本収納のアイデアリフォーム
手持ちの本のサイズを確認し、奥行き別に分ける

本棚は深さ20cm~30cmあるので、文庫本やコミックスを収納すると奥行きにムダが出る。

本棚は深さ20cm~30cmあるので、文庫本やコミックスを収納すると奥行きにムダが出る。

本収納リフォームをする際、まず手持ちの本のサイズを確認しましょう。どのサイズが多いかで収納スペースを作る場所が変わります。本のサイズはだいたい以下の通りです。(出版社、年代により若干サイズが変わります)
  • 文庫本(A6版)------横105mm×縦148mm 
  • 新書(新書版)------横103mm×縦182mm
  • 漫画コミックス(小B6判)--横112mm×縦174mm
  • ハードカバー本(四六判)--横130mm×縦188mm
  • 大学ノート(A4サイズ)---横210mm×縦297mm 

本の奥行きは意外と小さいことがわかります。特に文庫本、新書、漫画コミックスは11cm~12cmの奥行きを確保すれば収納できますので、奥行き12cm以下と、それ以上の本を収納する場所とを分けて考えていくことで、ムダの無い収納計画を立てることができます。

 

では次のページで、こんな場所にも本は収納できる! 省スペースな本収納のアイデアリフォームと、本棚を取り付ける際の注意点をご紹介します。