5.お金の問題で隠し事はなしと確認すること

最後のポイントは「夫婦に隠し事はなし」という基本をお金についてはきちんと守るということです。できれば言葉にして約束を確認しあうといいでしょう。

一番まずい例は借金です。どちらかが黙ってカードを作り、お金を借りて、返せなくなると大変なことになります。夫婦で苦労することになるか、離婚することになるかはわかりませんが、大きなトラブルになることは間違いありません。

きちんと納得のうえで住宅ローンを組んだり保険に入る場合も、「私はよくわからないから」という態度を示してはいけません。どちらかが勝手に手続きを進めてしまう、というようなことのないようにしましょう。

できれば、年に一回くらいは、家族の財産の状況を確認する場を作りたいところです。預金通帳、証券口座の残高などをお互いに見せ合い、どれくらい増えたか(あるいは減ったか)隠し事なく確認できると、いいでしょう。

まとめ:お金の問題をすっきりして仲良く!

お金のトラブルは家庭内不和の大きな原因です。逆にいえば、お金の問題で安心があれば、夫婦のトラブル要因のひとつがなくなるということです。
どんなに仲の良い夫婦でも性格の合った夫婦でも、お金の面でぐちゃぐちゃだったり、借金をふくらませていては、結婚生活は長続きしません。

特にお金の問題はナーバスなテーマが多いうえ、後で発覚すると面倒がふくらむものばかりです。新婚ほやほやで、仲のいいうちに、押さえるべきポイントをしっかり押さえてほしいと思います。

よい新婚生活を、よいマネープランの元で過ごされますように!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。