SIMロックを解除するには?

ドコモ携帯電話のSIMロックを解除するには、対応端末をドコモショップに持ち込む必要があります。当然のことながら、割賦で支払っている端末は、支払いを完済する必要があります。

現状、ソフトバンクモバイルはごく一部の機種の機種のみSIMロック解除に対応、auはすべての機種でSIMロック解除には対応しておらず、これらの会社の携帯電話をドコモショップに持ち込んで使うということはできません。

一方、海外端末などすでにSIMロックがないものに関しては、同じくドコモショップに持ち込むことで、対応するSIMカードを発行してもらえます。この時、日本でも電波法で問題なく使える証である「技適マーク」がついている端末である必要があります。


SIMロック解除はおトクなのか?

現状、SIMロックを解除してもメリットは少ないと言えます。NTTドコモの携帯電話のSIMロックを解除して、他社のネットワークで使う場合、iモードメールやspモードなどが使えなくなり、電話とSMS程度しか利用できません。

仮に、ソフトバンクモバイルがiPhoneのSIMロックを解除して、ドコモで使えるようになれば、「昔、ドコモを使っていたので、またドコモに戻りたい」と考えるソフトバンクユーザーがドコモに流れる可能性はあると思われます。

数少ないメリットしてあるのが、使い慣れた機種を海外に持ち込んで使うということです。

NTTドコモの端末のSIMロックを解除すれば、海外で現地の携帯電話会社のSIMカードが使えるようになります。長期滞在や出張などの場合、現地のSIMカードであれば安い料金で通話や通信ができるという点は大きなメリットいえるでしょう。また、現在では、MVNOと呼ばれる安価で魅力的な料金プランを提供する事業者が、SIMロックフリー端末向けにSIMカードを提供し始めてきています。「毎月、通信料金を安価に抑えたい」という人には最適です。

ただし、日本からの電話着信やメールなども必要ですから、それとは別に国際ローミングをしている電話があったほうがいいでしょう。


SIMロック解除は本当にトクなのか

NTTドコモはSIMロック解除には積極的な態度でしたが、ソフトバンクモバイル、auはかなり消極的です。ソフトバンクモバイルにとってみれば、iPhoneでロック解除に対応すればユーザーがドコモに逃げる可能性が考えられます。

iPhone5以降はLTE対応となっているため、各キャリアに移行することが容易になりました。しかし、それぞれのキャリアではロックがかかっているものの、毎月、数千円程度の割引を展開していることもあり、それらのメリットも大きかったりもします。

世界を見ても、かつてはSIMロックフリーが一般的でしたが、最近ではSIMロックをかける国や携帯電話会社が増えてきました。SIMロックをかけると、ユーザーを長期間囲い込めるというメリットが携帯電話会社にあります。一方、ユーザーも安価にスマートフォンなどを買えるという利便性があるのです。

今回、アップルは、ようやく自社でSIMフリーのiPhoneを販売するようになりました。しかし、iPhone5sの16GBが7万1800円、32GBが8万1800円、64GBが9万1800円とかなり高価な値付けとなっています。海外で現地のキャリアのSIMカードが使えたり、日本国内でも安価なMVNOのSIMカードが使えるというメリットがありますが、とにかく初期費用が高額となります。

その点、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクで購入すれば、そのキャリアでしか使えないという縛りはありますが、初期費用もほとんどなく、2年間拘束されるデメリットがある一方で、毎月、割引を受けられるというメリットもあります。

「海外で現地キャリアで使いたいか」「MVNOを活用したいか」という目的をじっくりと考えてから、SIMフリーiPhoneを選ぶといいでしょう。


【関連サイト】
スマホの料金を安くできる「MVNO」サービスとは?
SIMロック解除の手続き(NTTドコモ)

■容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。