スイスの治安

スイスの駅イメージ

大勢の人が行き交う空港や駅では、特に注意が必要

スイスは日本と同じように治安の良い国です。町を歩いていても、身の危険を感じることなどめったにありません。スイスには物乞いや押し売りなどもいないと考えて大丈夫です。

無資格のタクシーもスイスではないので、安心してタクシーを利用することができます。ちなみにタクシーの料金体系は、基本料金+距離制ですが、山岳リゾート地などではゾーン制になる場合もあります。

しかしスイスがいくら治安が良いからといって、無警戒になるのはもちろん禁物。空港や大きな駅を中心に、スリや置き引きは他のヨーロッパの都市同様に発生しています。特に夜間の女性の一人歩きは避けた方がいい要注意エリアは、チューリッヒのニーダードルフ通り、ジュネーブの国鉄駅からレマン湖にかけての裏通りなどです。

山の観光地や田舎の村では、都市と比べて治安は良くなりますが、貴重品は何時でもしっかり身につけて行動しましょう。

スイスの緊急連絡先


<参考サイト>
外務省海外安全ホームページ「スイス:ジュネーブ市における治安の悪化について」
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。