彩速ナビ「MDV-727DT」が人気のケンウッドが、彩速ナビの第2弾としてMDV-525MDV-323(ともにオープン価格)を発表した。

彩速ナビ第2弾はリーズナブルなワンセグ内蔵機

新たに登場する2モデルは、12セグ/ワンセグのフルセグ対応ではなく、ワンセグのみのチューナーを内蔵し、価格を抑えたモデル。地上デジタル放送の高画質受信にはそれほどこだわらない人に、ぴったりのモデルだ。
01

MDV-323は6.1型WQVGAモニターを搭載


まずはMDV-323。これは従来のMDV-313の後継モデルだ。ホワイトLEDバックライトを採用したQVGAの6.1型ワイドモニターや、使いやすいロータリーボリュームなど、見た目はほとんど変わっていない。

しかし、中身はまるっきり違う。地図データベースは、MDV-727DT同様、インクリメントPのものに変更。もちろん、会員制地図更新プログラム「KENWOOD MapFan Club」に対応し、最長5年間は最新の地図更新が安価でできる。

見た目はMDV-313と同じだが中身はフルチェンジ

メモリー容量は8GBで、MDV-727DTの半分ながら、HDDの約4分の1の消費電力で、データ書き換え寿命はSDカードの100倍と、抜群の省エネ性能と耐久性、高速レスポンスを持つ車載スペックのSSDを採用。ジェット・レスポンス・エンジンIIやS3フォーマットもMDV-727DTにも搭載した技術で、これによりトップクラスの地図スクロール速度、メニューの切り替わりなどの快適なレスポンスを実現している。

またメモリー容量がMDV-727DTの半分といっても、ピンポイント住所検索が約3700万件、電話番号検索も個人宅を含む約3700万件、市街地図は全国約1340万件など、基本的な情報量にかわりはない。MDV-727DTにあってMDV-323に無いデータは、マップルのガイドデータあたり。他は、音楽の保存にSSDを使用しないとか、モニターの解像度に合わせて地図データを作り込んでいるため、VGAモニター採用のMDV-727DTよりは地図データが軽くて済むといったあたりで吸収している。

FLAC対応、iPhone4フル対応などAV機能も充実

AV機能は、さらに充実。DVDドライブは、CPRM対応のDVD-R/RWのVRモード再生ができるし、SD(32GBのSDHCまで対応)カードやUSBデバイスに保存した音楽も簡単に再生可能。音楽フォーマットは、MP3やWMA、AACだけではなく、非圧縮のWAVやロスレス圧縮のFLACにも対応するという充実ぶりだ。

もちろんiPodの接続にも対応。ケーブルは別売だが、動画/音楽再生用のKCA-iP22FならiPhone内の動画再生にも対応する。またUSBの出力が1アンペアなので、iPhone4の急速充電にも対応しているし、大容量のハードディスクもバスパワーで動作する可能性が高い。MDV-313同様、USBはフロントに装備する。

発売は夏頃になりそうだが、MDV-313に比べて、内容は大幅に進化。十分に待つ価値がありそうだ。なお、価格は当初、7~8万円あたりと予想される。