“これまでなかった”を数字で表現

プジョー3008

従来のモデルとは異なるコンセプトを表現した4桁の車名をもつクロスオーバービークル。サイズは全長4365×全幅1835×全高1635mmと、ハッチバックの308と比べ全長75/全幅15/全高120mm大きくなった

プジョー3008

国内にはベーシックなプレミアム(339万円)と、レザーシートなどの豪華装備をもつグリフ(385万円)の2グレードがラインナップされる

伝統的に数字3ケタを車名としてきたプジョー。けれどもかつての1007やこの3008は4ケタで、3ケタを見慣れた者には違和感がある。それが狙い! “これまでのプジョーには無かった”バリエーションであることを、数字だけで上手く表現してみた、というわけだった。

ワゴン+SUV+ミニバンのクロスオーバー。見るからにずんぐりムックリ、デザイン上手なプジョーにあって、いかにも不格好だが、これくらいユニークな方が“輸入車に乗っているぞ”的な満足があっていいかも。なるほど、これまでのプジョーのデザインイメージとはかけ離れているけれど、他とは(いろんな意味で)一線を画した実用車がプジョーの真骨頂というのであれば、3008は正にその極みかも知れない。

プジョー3008

ポップアップ式の半透明な情報ディスプレイが備わる。テールゲートは上下2分割式採用、ホビーテールゲートと呼ばれる下部はベンチシートにも使える。ラゲッジ容量は432~1241リッター

 

驚くのはカタチだけじゃない。乗ってみればコレが見事にプジョーの走り。シャシーをちゃんと使ってしなやかに走る様子は、“ネコ脚”プジョーに通じるもの。こういうカタチをしているにも関わらず、まるでハッチバック車のように息を合わせて走らせることができてしまう。

ただし、5人乗りである。だから、室内空間を贅沢に使っている。ドライバーを囲んだコンソールデザインなどインテリアの雰囲気も独特で、ファミリィカーというよりもパーソナルカーというイメージが強い。たとえば7人乗りの308SWの方が、同じプジョー(そして同じ車格)でも所帯じみて見えてしまう。

個性的なデザイン、プジョーらしいドライバビリティ、特別仕立てのインテリアと空間。3008の魅力を指折り数えたとき、このクルマに似合う人は? という問いに対する回答は、自ずとこんなプロフィールキーワードに落ち着く。

プジョー3008

最高出力156ps/最大トルク240Nmを発生する直噴1.6リッターツインスクロールターボを搭載。組み合わされる6ATは日本での走行パターンにも考慮されている

男性、独身、独立心、キャリア、アクティビティ、仲間、ドライブ……。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。