ロタウイルス胃腸炎の検査

子どもがロタウイルス胃腸炎にかかったかなと思った時には、便を持参しましょう。必ず袋に入れて密閉し、そのまま看護師や医師に渡してください。

開けてしまうと、周りにロタウイルスが拡がることになってしまいます。病院で便をロタウイルス迅速検査キットを使って診断します。15分で判定できます。

ロタウイルス胃腸炎の治療法

点滴

脱水がひどいと、点滴になりますが、ワクチンで防げます

ロタウイルスに対する特効薬はないので、対症療法が中心です。下痢による水分の喪失を防ぐために下痢止めを使います。ただし、下痢はウイルスを排除する体の防御機構ですので、軽度の下痢なら、水分補給で十分です。

脱水を防ぐために、水分補給は大切です。吐き気のある場合は、吐き気止めを使います。

小さい子供の場合は吐き気を訴えることができません。水分を嫌がったり、食欲のない時には、吐き気があるかもしれないと考えましょう。私自身、吐いていなくても、水分を取らない子供には吐き気止めを使うことがあります。

なるべく、水分を取ることが大切で、できれば、イオン飲料を飲ますようにしましょう。熱中症の使う経口補水液も有効です。柑橘系の果物は吐き気が出やすいので、避けた方がいいでしょう。リンゴなどの繊維を含む食材の方がよいと思います。

経口での水分補給が難しい場合は、点滴による水分補給が必要で、場合によっては入院して点滴になってしまいます。ワクチンはこの入院をかなり減らしてくれます。

ロタウイルス胃腸炎の予防

手洗いが中心になります。トイレの後や食事前に手洗いは必須です。便や吐物などで汚染されたものには消毒しましょう。

消毒は、熱湯あるいは0.05から0.1%の次亜塩素酸ナトリウムを使いましょう。アルコールや逆性石鹸では残念ながらあまり効果はありません。

子供のロタウイルス予防法にはワクチンがあり、すでに海外では使われています。

アメリカでは2007年にロタウイルスワクチンが定期接種になっております。一方日本では、2011年11月に自費による任意接種で開始になりました。詳細は、次回のロタウイルスワクチンで説明します。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項