不器用ゆえの意地っ張りは伝わらないことが多い

強がる女性

「彼は頭も良いし、鋭いから分かっていると思った……」というのが、やりがちなミスです。分かっていてもそこまでフォローできる男性は基本的にいません

過度な強さは、見た目にも現れる。強すぎる女は、ぴりぴりした空気を醸している人が多い。同性の目にはそれがカッコよく、まぶしく見える場合も多々あるけれど、恋愛においては、マイナスに働くことも多い。

2人の強い女の差異を聞きながら、B子さんは、半分は、確信犯かもしれないと思う。一方、C子さんは不器用で意地っ張りなところも往々にしてあるのかもしれない、と。同じ女として思うのは、本当に完全無敵に強い女なんていないということ。肩肘張って、強がっているところが、曲解されている。

「強い女だからこそ、自分の弱さをさらけ出せる場合と、強い女だからこそ、自分を見せられなくなる場合がある」とAさんはいう。

それは、その女性に人間的なスキがあるかどうかの違いなのかもしれない。そのスキとは弱さのことだけじゃなくて、心の余白の問題なんじゃないのかと思う。誰にでもある女としての弱さをちら見せできるかどうか、能ある鷹として爪を隠せるかどうかも、たぶん、心の余白の問題なのだ。





■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

【経験談例】
40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)
モラハラ・DV夫との生活に耐えかね、予告なしに家出。離婚調停を経て離婚した話(40代、女性)
W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

☆エクシェアの記事を毎月お得に読めるマガジンこちら
「パートナーの不倫・夫婦関係の再構築」に関する体験談を読むならこちら

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。