メモ帳を持ち歩くいくつかの方法

wallet01

ヘレナコミューン「ジャーナリストウォレット」1万2600円

メモ帳を持ち歩くのは、もはや当たり前。咄嗟の時にメモできる用意がないと、不安さえ感じるのは、ガイド納富だけではないと思います。ロディアのようなブロックメモ、小型の手帳、A4用紙を折り曲げてメモ用紙として使うスーパークラシックの「保存するメモ帳」や「文具王手帳」、名刺サイズでカードケースに収納できるデザインフィルの「カードスタイル」や、Thinking Power Notebookの「ライモン」などなど、さまざまなスタイルの「持ち歩く事を前提としたメモ」が登場しているのも、日常生活やビジネスにメモが欠かせないものになっているという事なのでしょう。

メモは、人によって用途が変わり、書き方もさまざまなため、一概にどのメモが良いという事は言えません。だからこそ多くのメモ帳が売られているのですが、ガイド納富のような、人から聞いた話や、町で見かけたネタなどを主にメモする用途で使う場合、実は一番使いやすいのはジョッターやブロックメモのような、立った状態で書き易いタイプ。

そして、とにかくポケットに入るサイズで、しかも忘れにくいモノがベストなのです。そうなると、名刺入れが下敷き替りになる「ライモン」やコンパクトなロディアのNo.10などがメインになるのですが、これも一長一短。ロディアは家でも使うので外出時に忘れ易いし、ライモンは立ったままでの筆記にはページの開き部分がいまひとつ物足りません。
wallet02

革小物の老舗モルフォによる確かな仕事で作られた財布は、一見、機能的な二つ折り+中仕切りの普通の財布だ

その辺りの事情を見計らったように、モルフォのブランドであるヘレナ・コミューンから登場したのが「ジャーナリストウォレット」。財布にジョッターとボールペンを内蔵するという、何とも力技の製品なのですが、使ってみると、ガイド納富が求めていたメモ環境は、こういうものだったのかも知れない、と思えるような出来栄えでした。ポイントはジョッターと携帯性だったようです。


次のページでは、「ジャーナリストウォレット」のポイントを紹介します。