和室インテリアで悩みと言えば、畳縁小物の色柄選び。無難にまとめようとしたら平凡で面白みの無いインテリアになってしまった、和室は難しいという声をよく聞きます。そこで和室インテリアを上手にまとめる和の色使いをご紹介します。

和室インテリアの色柄選び
華やかな 「和の色」 を壁や襖、畳縁に取り入れる

和室と洋室のインテリアでは、よく使う色の種類が違います。共通する色もありますが、和室に似合うのはやはり和の色。和の色とは、日本古来から使われている和名が付いた色で、JIS (日本工業規格) の色彩分類でも和の色として規定されています。

和の色にはトキのピンクの羽の色の鴇色 (ときいろ)、熟した柿の実の柿色、明るい青緑の若竹色、灰色がかった黒の墨色、オレンジ系の弁柄色など、意外と華やかで、洋室では滅多に使わないような色がたくさんあります。

和室には和の色が似合う。まずは短期間で交換する襖紙からチャレンジ(工芸玉紙彩かさね/株式会社キシモト)

和室には和の色が似合う。まずは短期間で交換する襖紙からチャレンジ
(工芸玉紙彩かさね/株式会社キシモト


そこで和室の壁や襖、畳縁にこの和の色を取り入れて、インテリアのセンスアップをしましょう。いつもとちょっと違う色使いが、いつもの和室に個性を加えてくれます。壁に使うには勇気が要るという場合は、まずは短期間で交換する襖や畳縁でチャレンジ!

和の色を選ぶコツは、ちょっと濃すぎる? と思うくらいでちょうどいい感じです。和の色はもともと和室によく合う色ですし、彩度 (あざやかさ) が低い色が多いので、かなり濃い色を選んでもしっくりと馴染んでくれます。

和室インテリアの色柄選び
アクセントカラーを上手に使う、着物のコーディネートがお手本

和室インテリアは、グラデーションでまとめることが多い洋室の色使いでまとめると、全体的にぼやけた印象になってしまいがちです。和の色を使う時は、反対色をアクセントカラーにするなど、メリハリを意識しましょう。

カラフルな帯締めは畳縁のイメージ。和室の色選びに迷ったら、着物のコーディネートがお手本に

カラフルな帯締めは畳縁のイメージ。和室の色選びに迷ったら、着物のコーディネートがお手本に


和室の色選びに迷ったら、着物のコーディネートをお手本にしましょう。が着物、が帯、畳縁が帯揚げや半襟、花瓶や小物などの雑貨は帯留めと言うように、イメージをあてはめて考えていくと上手にまとめることができます。

襖や障子、畳のプチリフォームで和室を変身させる方法は下記で詳しくご紹介していますので、あわせてご覧下さい。

■和室が大変身! 襖・障子の簡単リフォーム
■畳を裏返す? プチリフォームで和室を変身

【関連記事】
■リビング+和室の悩み! 解決リフォーム技
■平凡な和室が和モダンに! 簡単リフォーム例
■薄暗い和室を明るくするリフォーム

匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。