通信機能を頻繁に使いたい人はiPhone、それ以外はiPod touchを選ぶのが得策

一度iPhoneの使いやすさ、通信機能の手軽さに慣れてしまうと、筆者としてはなかなか離れがたいものを感じる。だが、すでにイー・モバイルやWiMAXなどの通信環境を持っている人ならiPod touchで十分に思える。すでに携帯電話を持っている人なら、その組み合わせで困ることはほとんどないためだ。

iPhone 4はiPhone 3GSに比べて駆動時間が長くなったとはいえ、音楽や動画再生、電話、通信、GPS、アプリやゲームなどさまざまな機能を堪能すると、あっという間にバッテリーが少なくなってしまう。オールインワンになればなるほど、バッテリー切れした場合に困る度合いが上がってしまうのだ。

iPhone OS(iOS)の新バージョンではテザリング機能(iPhone本体をほかの機器のモデムとして使える機能)が搭載されるというが、それが日本のソフトバンクモバイルで使えるようになるかは不明で、使えたとしても料金体系がどのようになるのか分からない。この機能がリーズナブルに使えるのであれば、ノートパソコンを持ち歩くモバイラーには便利だろう。だが現時点では、iPod touchを利用するのが賢い選択のように筆者は思う。




【関連サイト】
アップル iPhone
アップル iPod touch




■容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。