おうちカフェのコツ その1
お気に入りを上手に飾って使う 

一目惚れして買ったオブジェや、少しずつ増えていったマグカップは、おうちカフェのアイテムとして活躍させましょう。空間を飾る小物類は、目線の高さより少し上に来るように置いてみてください。ふと視線を上げた先にお気に入りがあると心がなごみます。このベーカリーカフェ「breadworks」でも、飲み物を受け取るカウンターのちょっと上に小物が飾ってありました。

おうちカフェのコツ その1 お気に入りを上手に飾って使う

左:ベーカリーコーナーのカウンター上の照明。フォルムの良さに気づいたのは、その高さが適度だったから。中央:breadworksオリジナルのマグカップ。右:飲み物を受け取るカウンターで、視線のちょい上にあったアイアン雑貨。キュート!


また、ペンダントタイプの照明器具は天井に近づけすぎず、シェードのデザインに目が止まるくらいの高さをキープするのが良いです。それから細かいことですが、マグカップはトレイに載せるとカフェっぽさが際立ちます。トレイはフランフランや無印良品などにシンプルなのがありますので参考にしてみてください。

おうちカフェのコツ その2
インテリアグリーンは距離感が決め手 

おうちカフェのコツ その2 インテリアグリーンは距離感が決め手

インテリアグリーンはちょっと難しいかも、と考えている人は多いはず。最初から大きなサイズは狙わず、小さいところから攻めてみましょう。グリーンの寄せ植えなどから入ると心のハードルが下がります。カフェっぽくしたいなら、グリーンを入れるうつわが大事ですよ


感じのいいカフェにグリーンはつきもの。「breadworks」にもフロアに背の高いグリーンがありましたが、テーブル上の寄せ植えがおうちカフェには向いています。大きいグリーンは手入れが難しそうだけど、これくらいなら無理なく育てられます。小さめグリーンは近くで愛でるという距離感が雑貨に近くて、いきなり大物を育てるよりはハードルが低いですし。自宅でトライするなら能作の景色盆栽や、いっそのこと水やり不要のBOX GARDENがおすすめです。

次のページでは、手持ちのフレームを使ってインテリアをランクアップ! 壁面の上手な使い方をご紹介します。