ふだん、私たちは広いイケアストアのホームセットやルームセットで、かなり具体的な暮らしの事例を見ることができますよね。でも、「普通の住宅にIKEAの家具を入れたらどうなの? 狭い家にIKEAの家具って合わないんじゃないの?」と、疑いの目を持っている方もいらっしゃるはず。

収納問題をIKEAが解決 きちんと片付く3LDK
レトロ感漂うUR賃貸住宅(旧公団住宅)の3LDKが、IKEAの収納家具でモダンな空間に変身。圧迫感のない収納家具の置き方、狭い空間を賢く使うポイントをご紹介

今回は、IKEAがまるまる一室をコーディネートした、品川にあるUR賃貸住宅に行ってきました。しかもコレ、収納問題をかたづけるためのアイデアに満ちたお部屋なんです。

「きちんと片付けられる家」をつくるにはどうしたらいいのか、急な来客にも慌てない、常に片付いたお部屋で暮らすには、何をどう収納すればいいのか。収納とインテリアを両立させた、より現実的な事例をご紹介します。まずは、片付かない理由のいろいろ を考えてみましょう。

<INDEX>
片付かないことの本音いろいろ
こんなに変わる、3LDK
- リビング(9畳)/書斎エリアもしっかり確保
- 和室(6.5畳)/収納確保、スタイリッシュな和の空間
収納問題かたづけ隊が、お宅を突撃!
インテリアで変わる住まいを体験