不器用な人必見の結び方

ノットを作ってからタイを首に掛ける結び方です。「プレーンノット」という名称ですが、仕上がりは「オリエンタルノット」と同じになります。最終的には鏡を見ながら小剣を後ろにずらして整えますが、直に見ながらノットを形作れるので不器用な方に向いています。

手順01

変形プレーンノット

Photo:石井幸久

タイを首に掛けず手に持ったまま、結び目が表地になるように普通に一回結びます。

手順02

変形プレーンノット

Photo:石井幸久

結び目がノットになるので、ここでディンプルを作っておきます。

手順03

変形プレーンノット

Photo:石井幸久

ノットを衿合わせに収まるようにタイを首に掛けます。ここで、先ほどのディンプルに下から指をいれて、ノットを緩めて余裕を作っておきます。

手順04

変形プレーンノット

Photo:石井幸久

先ほど緩めておいたノットに、小剣先を上から差し込みます。

手順05

変形プレーンノット

Photo:石井幸久

小剣を引き抜いて、ノットを衿元に納めます。

手順06

変形プレーンノット

Photo:石井幸久

小剣をノットの後ろ側にズラしてノットを整えます。大剣のディンプルを崩さないように。

変形プレーンノットの完成です!

変形プレーンノット

Photo:石井幸久

小剣を引いてノットを整えたら完成です。
変形プレーンノット

Photo:石井幸久



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。