ビザなし渡航者に義務付けられたESTA登録

旅行が決まったらESTA登録も忘れずに!

旅行が決まったらESTA登録も忘れずに!

2009年1月より、ビザを持たずにアメリカに入国する渡航者は、渡米前に電子渡航認証(Electronic System for Travel Authorization: ESTA)への登録が義務付けられました。ビザなし渡航者というのは、短期商用または観光目的で、アメリカ滞在期間が90日以下の人を指します。

ESTA申請に必要なもの

ESTA登録の前にパスポート、航空券、クレジットカードなどを準備

ESTA登録の前にパスポート、航空券、クレジットカードなどを準備

申請はインターネットのみで受け付けていて、名前と滞在先、パスポートの番号、飛行機の便名など基本的なインフォメーションを入れるだけの至って簡単なもの。アメリカ大使館のページから全て日本語で書き込むことができますので、インターンネット環境さえあれば、誰でもすぐに登録できます。申請料は14ドル。クレジットカードで支払います。もし、自分でするのが難しい場合は、旅行の手配を頼んだ旅行会社に尋ねてみましょう。大抵の場合、有料で申請の手続きをしてくれます。

ESTA申請の手順

初めて申請する人は左の下を、2回目以降の人は右下をクリック

初めて申請する人は左の下を、2回目以降の人は右下をクリック

1:「電子渡航認証システム ウェブサイトへようこそ」のページに入り、初めて申請する人は、左下にある「申請」をクリック。前に申請をして情報を更新する場合や、申請後2回目や3回目の渡米の場合は、右の欄に必要事項を書き込み「更新または申請確認」をクリック。

 
赤い*が付いている項目のみ記入すればOK

赤い*が付いている項目のみ記入すればOK

2:「免責事項」、「2009年旅行促進法」に同意をして進み、申請書入力画面に。

3:「申請書情報」の欄に、*印の付いた必須事項を記入します。それ以外の欄は書き込む必要はありません。ここではすべて半角のローマ字で。項目の隣にある「?マーク」をクリックするとその項目の説明が表示されます。

4:A~Gまである質問事項に答え、最後に「権利の破棄」の項目の1つ目に必ずチェックし、「次へ」をクリックし確認画面へ。一番下の確認事項の項目に再度パスポート番号などを記入し、「申請」をクリック。

5:申請番号が発行されます。申請番号をメモし「次へ」をクリック。申請後7日以内に支払いをすれば良いので、クレジットカードが手元にない時は、後日支払いも可能。

 

カード情報を記入し申請料金を支払います

カード情報を記入し申請料金を支払います

6:クレジットカード情報を入力し、支払いを。使えるクレジットカードは、ビザ・マスター・アメリカンエクスプレス・ディスカバー・JCBです。JCBのアイコンが表示されていませんが、JCBを利用する場合は、ディスカバーアイコンをクリックしてから、JCBカードの番号を入力すればOK。名前や住所など情報はすべて、ローマ字で書き込みます。最後に「支払いの送信」をクリック。

7:ここで、「渡航認証許可」が下りたことの確認を。一度登録した情報は2年間またはそのパスポートの期限まで有効。2010年9月以前の無料期間に申請した人でも、同じパスポートで2年以内に再渡米する場合は改めて申請する必要はありません。このページには許可以外に、「保留」「拒否」の表示がでる可能性があります。

■渡航認証保留
ESTA審査中。再度ESTAサイトにアクセスし、申請状況の確認を。回答は申請後72時間以内に確認できます。

■渡航認証拒否
ESTAは承認されなかったので、最寄の大使館・領事館でビザの申請が必要。

I-94Wについて

ESTAのシステムが導入される以前、ビザなし渡航者は、I-94Wという書類を機内で書き込み、入国審査時に提出する必要がありました。しかし、ESTA登録に伴い、I-94Wの書き込みが必要なくなりましたので、ご注意ください。

ESTAの申請はこちらから>>>米国大使館ESTA(エスタ)申請公式ウェブサイト
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。