EU圏内飛行禁止の航空会社(約280社)

国名: 航空会社名(英語名)

アフガニスタン: 同国内の全航空会社(現在知られている4社を含む)
アンゴラ(注1): 同国内の全航空会社(現在知られている18社を含む)
インドネシア(注2): 同国内の全航空会社(現在知られている45社を含む)
ガーナ: メリディアン航空(Meridian Airways)
カザフスタン(注1): 同国内の全航空会社(現在知られている50社を含む)
ガボン(注1): 同国内の全航空会社(現在知られている7社を含む)
カンボジア: シェムリアップ・エアウェイズ(Siem Reap Airways)
キルギス: 同国内の全航空会社(現在知られている20社を含む)
コンゴ共和国: 同国内の全航空会社(現在知られている4社を含む)
コンゴ民主共和国: 同国内の全航空会社(現在知られている33社を含む)
サントメ・プリンシペ: 同国内の全航空会社(現在知られている10社を含む)
ザンビア: 同国内の全航空会社(現在知られている1社を含む)
シエラレオネ: 同国内の全航空会社(現在知られている6社を含む)
ジブチ: 同国内の全航空会社(現在知られている1社を含む)
スーダン: 同国内の全航空会社(現在知られている14社を含む)
スリナム: ブルーウイング航空(Blue Wing Airlines)
スワジランド: 同国内の全航空会社(現在知られている1社を含む)
赤道ギニア: 同国内の全航空会社(現在知られている9社を含む)
フィリピン: 同国内の全航空会社(現在知られている45社を含む)
ベニン: 同国内の全航空会社(現在知られている8社を含む)
モーリタニア: 同国内の全航空会社(現在知られている1社を含む)
リベリア: 同国内の全航空会社
ルワンダ: シルバーバック貨物航空(Silverback Cargo Freighters)

注1:次の「飛行を制限される航空会社」を除く
注2:ガルーダ・インドネシア航空、エアファスト、マンダラ航空、プレミエアー、インドネシア・エアアジア、メトロ・バタヴィアの6社を除く

EU圏内の飛行を制限される航空会社(10社)

この「制限」とは、保有する一部の機体だけ飛行を許可されているという意味です。

国名: 航空会社名(英語名)

アンゴラ: TAAG アンゴラ航空(Taag Angola Airlines)
イラン: イラン航空(Iran Air)
ウクライナ: ウクライナ地中海航空(Ukrainian Mediterranean)
ガーナ: エアリフト・インターナショナル(Airlift International)
カザフスタン: エア・アスタナ(Air Astana)
ガボン: アフリジェット(Afrijet)
ガボン: ガボン航空(Gabon Airlines)
ガボン: ヌーベル・エア・アフェル・ガボン(Nouvelle Air Affaires Gabon)
北朝鮮: 高麗(こうらい)航空(Air Koryo)
コモロ: エアサービス・コモレス(Air Service Comores)

日本に就航しているのは?

今回のリストに入っている航空会社の3分の2は、アフリカにある企業です。そのため日本に就航している路線もありませんし、私たちにとっても身近ではありません。日本にとって身近な会社は、高麗航空、フィリピン航空、イラン航空の3社程度になります。

比較的日本から近いカザフスタンやキルギスは、国内の全航空会社が飛行禁止、または制限対象になっています。その中で、カザフスタンのエア・アスタナ、そしてキルギスのキルギスタン航空といった主要エアラインは、日本には就航していません。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。