明るくモダンな和室に簡単イメチェン

畳敷きの和室は、座卓を置けば食事の空間に、布団を敷けば寝室にもなる便利な空間。でも、せっかくリビングに隣接していても、「我が家の和室は古臭くってあまり使っていないわ」という声も聞きます。洋室と一続きにしても違和感がないような、明るくモダンな和室なら、もっと使う機会も増えるのではないでしょうか。今回は、昔風の和室をイマドキのモダンな和室に変えるポイントをお伝えします。

「普段使い向け」の和室と「おもてなし向け」の和室がある

和風旅館の一室。柱や長押(なげし)といった構造材や、立派な床の間がある本格的な和室

和風旅館の一室。柱や長押(なげし)といった構造材や、立派な床の間がある本格的な和室

和室は、普段使いの和室と、お客様をおもてなしするための晴れの場としての和室があります。

高級な和風旅館などに見られるような本格的な和室は、おもてなしのための部屋。こういう用途の場合、一般住宅では、洋室から独立させて作ることが多いでしょう。このような和室には、住宅を支える柱や長押(なげし)といった構造材があります。さらに、床の間や床柱、床脇、付け書院などがあると格調高くなります。また、窓の障子の桟(さん)や欄間(らんま)、ふすまなどに昔から培われてきた和の意匠を取り入れたり、壁を塗り壁にしたりすると、伝統的で落ちついた和室になります。

とはいえ、最近は上記のような格式の高い和室を自宅に設けることは少なくなりました。反対に増えているのは洋風感覚で使えるモダンな和室。次ページではイマドキのモダン和室をご覧ください。

気軽に使えるモダン和室とは>>