取り立ては今も厳しい

お金を借りる心構え

過剰な取り立ては違法な可能性も。取り立てに関しては今年さらに厳しく定められました。

貸金業法の改正により、取り立てに関するルールも厳しく規制されたので、以前ほど厳しくないのかもしれませんが、やはり支払えないと催促がきます。何度も催促の電話が来るのはやはり苦痛です。でも、業者も仕事ですから催促し続けます。お金を借りても一時的なことであったり、短期間で返済できるのであれば問題はありません。問題なのは返済できないときです。

支払いは簡単に待ってもらえるものでもありません。支払えなくなったら、何かしらの策、たとえば債務整理などを講じていく時期が差し迫っていると考えなくてはいけません。


返済できないとどうなるの?

滞納すると、まず電話やハガキで督促がきます。貸金業者の種類などによっても差がありますが、まずは電話、その後はがきなど郵便物が届くというケースが多いようです。始めのうちはさほど取り立ては厳しくはありませんが、滞納が続くと当然徐々に厳しいものへとなっていきます。頻繁に電話や書面もきますし、放置しておくと訴訟など法的手続きを取ってくることもあります。

取り立ての違反行為は財務局などへ苦情を!

貸金業者には禁止されている取り立て方があります。どのような取立てをしても良いわけではなく、「貸金業の規制等に関する法律」および金融庁が定めた「事務ガイドライン」により規制されています。今回の貸金業法の改正で、取り立てに関するルールはもっと厳しく定められました。ヤミ金など悪質で違法性の高いトラブルに関しては警察にも相談しましょう。

自分で自分を守ろう!

利用者も債権者(貸し手)も返せなくなることは望んでいません。返済に困ってしまった時、貸し手が救ってくれることもありません。
お金の貸し借りでは、自分がしっかりしないといけないのです。「返せるだろう」ではなく、いつの収入でいくら返す、何回返すと返済が終わるというような計画をきちんと立てること。簡単な気持ちでする借金ほど、後で困ることになるのです。

「借金=悪」ではありません。上手に利用すれば、目的への達成に近づきます。お金を借りる前に、ちょっと考えてみてはいかがでしょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。