洗濯能力・省エネ・設置性ともに安定した実力

乾燥仕上がりが向上し、全体のバランスがより良くなった(左が新製品、右が従来機)

乾燥仕上がりが向上し、全体のバランスがより良くなった(左が新製品、右が従来機)

ヒートポンプ乾燥やエコナビなどで、省エネ性の高さは他社より一歩リード。水流やドラムの動きで洗浄力も強化され、安定した性能を誇っています。課題だった乾燥シワも、「ジェット乾燥」で、かなり改善されています。本体サイズもコンパクトで設置性が良いのも強みです。

 

手入れしやすくナノイーでいつもキレイ

乾燥の度にお手入れが必要な「乾燥フィルター」は、簡単にお手入れできるのが◎

乾燥の度にお手入れが必要な「乾燥フィルター」は、簡単にお手入れできるのが◎

乾燥機を利用したあとは、乾燥フィルターの手入れが必須ですが、フィルターがフラットでとてもお手入れしやすくなっています。また、洗濯終了後には、ナノイーを洗濯槽に充満させ、洗濯槽の黒カビを制御するコースが自動でスタートするなど、清潔に保つ工夫がされています。

 

「ななめ」「ヒートポンプ」と独自性抜群!

ドラムを「ななめ」にした独自の発想は、その後の歴代モデルに受け継がれている(左が2009年モデル・右が2010年モデル)

ドラムを「ななめ」にした独自の発想は、その後の歴代モデルに受け継がれている(左が2009年モデル・右が2010年モデル)

ドラムを「ななめ」にしたことが、洗濯乾燥機の大ブレイクになったと言っても過言ではありません! その独創的な発想力は、後の開発にも生きています。ヒートポンプ乾燥・ナノイー除菌消臭・上質おうちクリーニングなど、独自の機能満載です。

 

ドラム式洗濯乾燥機のひな型はパナ発!

すっかり定着したななめ型のフォルムは、パナソニックが初!

すっかり定着したななめ型のフォルムは、パナソニックが初!

現在、日本のドラム式洗濯乾燥機のひな型となっている「ななめドラム」は、パナソニック発。初めて「ななめドラム」を見た時の驚きは忘れられません! 今ではすっかり定着したななめデザイン。初代から少しずつ変化はしていますが、そのデザインは踏襲されています。

 

価格はやや高めだが、バランスの良さで満足

ドラム型洗濯乾燥機としては標準的な価格ですが、他社の最上位と比べると若干高めになっています。洗濯機の基本性能・省エネ性・設置性など全てのバランスが良いため、満足できる1台です。特に、乾燥時の電気代が少ないので、初めて乾燥機を使う人にも安心です。


【関連リンク】
パナソニック 洗濯乾燥機 NA-VX7000

>>NA-VX7000L-W [クリスタルホワイト](価格.com商品ページへ)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。