PCを使った作業のなかで発生する、ちょっとしたメモ書きや保存しておきたいWebページ、画像……ありますよね。そういう場合、「テキストファイル新規作成→メモを入力→デスクトップに保存」とメモを保存したり、画像をいちいちファイルとして保存する人が多いのではないでしょうか。でも、気が付いたらデスクトップがファイルアイコンでいっぱい……そんな事態になっていませんか?

そういった方におすすめしたいのが、万能メモ管理ソフト「Evernote」です。
Web版「Evernote」ログイン後の画面

Web版「Evernote」ログイン後の画面

 

ベースはWebサービス。でもクライアントソフトも充実

「Evernote」はもともと、Web上で自分専用のアカウントでログインすることで、テキストやPDF、画像などのファイルをスクラップブックのように保存しておけるWebサービスです。

手書きメモをそのまま保存できる点や、画像ファイルの内容を画面上で確認できる、タグでメモごとに分類して整理できるなどの点で、多種多様なメモを一括管理するうえで優れたソフトです。英語版のみですが、一度操作を覚えてしまえば気になりません。

さらに、Windows版やマック版、さらにはモバイル版のクライアントソフト(「Evernote」を、Webブラウザではなく専用のソフトから操作できるもの)が充実している点が、ユーザーに厚く支持されている要因といえるでしょう。
WindowsPC版「Evernote」クライアントソフト

WindowsPC版「Evernote」クライアントソフト


ここでは、Windows版をモデルに、「Evernote」の機能解説をしていきます。

まずはアカウント開設を

「Evernote」の利用を開始するには、アカウントの開設が必要です。無料ですので気軽に登録してみましょう。

1. 「Evernote」トップページにアクセスする
「Evernote」Webサイトのトップ画面

「Evernote」Webサイトのトップ画面


2. 画面右上のRegisterをクリックし、必要事項を記入します
名前とユーザーネーム、パスワード、メールアドレスを入力すればOK

名前とユーザーネーム、パスワード、メールアドレスを入力し、画面上に表示される英文字をそのまま入力して「Register」を押せばOK


3. 入力したメールアドレスにEvernoteから届く登録確認メールを開き、そこにあるリンクをクリックすれば登録完了!
英語だけのメールだが、テキスト上部の長いURLをクリックすれば登録が完了する

英語だけのメールだが、テキスト上部の長いURLをクリックすれば登録が完了する
 

 

クライアント版をインストール

次に、PC上で「Evernote」を便利に使うために、クライアントソフトであるデスクトップバージョンをインストールします。

1. 「Evernote」ダウンロードページから、PC環境に合ったデスクトップバージョンのインストールファイルをダウンロードする
Windows版だけでなくマック版もここからダウンロード可能だ

Windows版だけでなくマック版もここからダウンロード可能だ

2. ダウンロードしたインストーラプログラムを起動し、インストーラ画面に従ってインストールを実行する
インストーラも英語表記だが、日本のフリーソフトをインストールする要領で進めていこう。インストールのモードは

インストーラも英語表記だが、日本のフリーソフトをインストールする要領で進めていこう。


「Evernote」デスクトップバージョン起動アイコン

「Evernote」デスクトップバージョン起動アイコン

インストールが完了すると、右のようなアイコンがデスクトップに表示されるようになります。ここをダブルクリックすれば「Evernote」デスクトップバージョンを起動できます。

もちろん、デスクトップ左下のスタートメニューから[プログラム]→[Evernote]→[Evernote]とクリックしても起動できます。

 

「Evernote」デスクトップバージョンの基本的な使い方

では使い方を説明します。まず画面の構成からです。「Evernote」デスクトップバージョンは、3つのペインから構成されています。

画面上部のアイコンで新規メモ作成や印刷などの処理を実行する

画面上部のアイコンで新規メモ作成や印刷などの処理を実行する



画面上部でメモの操作全般を、左のサイドバーでメモの条件検索・分類をします。画面の右ペイン(一番大きな面積のエリア)に、登録したメモ一覧が表示されます。

新規メモを作成する

「Evernote」に新たにメモを追加するときは、画面上部のアイコン「New Note」をクリックします。するとメモ一覧の末尾に、何も書いていないメモが追加されます。

メモの種類をこのボタンで変えられる

メモの種類をこのボタンで変えられる

メモの左上にある「T/G」というボタンを押すと、キーボードからテキスト入力するか、(マウスやタッチペンなどで)手書きするかが切り替えられます。

 
ここに文章を入力していきます。もしくは描画していきます。編集中のメモ以外のところをマウスでクリックすると、書いたメモは自動保存されます。

それぞれの欄はマウスでクリックすると編集可能になる

それぞれの欄はマウスでクリックすると編集可能になる

メモの構成は右のようになっており、あとから編集できます。

 

特に「タグ」は便利です。タグを付与すると、画面左のサイドバーの「Tag」にそれが反映されます。同一のジャンルに属するメモには同一のタグを付与することで、後からこのサイドバーで絞り込むことができるようになります(画面左のタグを選択すると、そのタグが付与されたメモだけが表示される、など)。

「Evernote」には、テキスト以外にも、音声ファイルや画像、PDFといったリッチメディアも“メモ”することができます。

「Evernote」にリッチメディアのメモを登録する

では、メモの登録方法についてです。方法は簡単で、新規メモに、登録したいファイルアイコンをドラッグ&ドロップするだけです。カンタンですよね。

Webページのキャプチャ画像をメモとして登録する

ほとんどのPCのキーボードにある「Print Screen」キー。このキーを押すと、デスクトップ画面がそのまま画像としてクリップボードに保存されます。

が、「Evernote」をインストール後にWebブラウザを開き、「Print Screen」キーを押すと、画像としてクリップする領域を選択できるようになります。クリップしたい領域を指定して、象のロゴマークをクリックすると、その部分が画像として新規メモに登録されます。

※「Print Screen」キーを通常の機能に戻すこともできます。戻したい場合は、Evernoteを終了してください。タスクトレイに残っている場合があるので、それも忘れず終了してください。

Web上のメモと同期をとる

デスクトップ上で登録したメモは、Web上の「Evernote」メモにはまだ反映されていません。そこで、同期処理を行う必要がでてきます。

同期の方法は簡単です。F9キーを押せばよいのです。これで、ローカルPC上で作成・編集したメモの内容がWeb上に反映されます。

登録したメモを活用する

「Evernote」に登録したメモは、画面上部のアイコンでメールとして送信したり、印刷したりといった活用が可能になります。

画面左のサイドバーでは、メモに付与した音声ファイルやPDFファイルの場合は、メモをダブルクリックすることで、再生ソフトが起動して音を再生、PDFを表示といった動作をします。

ここまで操作を習得すれば、ひととおり「Evernote」の基本操作を習得したといえるのではないでしょうか。

「Evernote」をさらに便利に使う

この記事では割愛しますが、「Evernote」には、自分だけに与えられたメモ投稿用の電子メールアドレス(Evernote登録時に送信されるメールのなかにそのアドレスが書いてあります)にメールを送信するとそれがメモとして登録されたり、iPhoneなどスマートフォンと呼ばれる高機能携帯電話に、専用のクライアントアプリケーションをインストールして使ったりと、より高度で便利な使い方がいくつもあります。

検索サイトで「Evernote 使い方」などと検索すれば、新たな活用法が掲載されたWebサイトが数多くヒットします。

使い方・用途はまさに無限大。仕事にプライベートに、一度ハマったら病み付きになるフリーウェアといえるでしょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。