総額7,824,630円の寄附金が贈呈された

応募作品数に応じた総額7,824,630円の寄附金がゆうちょ銀行から贈呈された


昭和50年にスタートし、今年で35回目を迎えたゆうちょ銀行主催の「私のアイデア貯金箱」コンクール。子供の頃に応募した思い出のある方や今年のコンクールにお子さんが応募した方もいらっしゃるのでは。去る12月2日に、東京で二次審査会が行われました。

高橋智隆さんと西原理恵子さん

特別審査員の高橋智隆さん(左)と西原理恵子さん(右)

この日審査が行われたのは、全国11,905の小学校から応募された計782,463点の作品中、学校審査・一次審査を通過した240点。紙や粘土、木のほかにも貝殻や割り箸、布、金属などさまざまな素材で作られた独創性溢れる作品の数々に「子どもの想像力ってすごいなぁ」と感心させられることしきりでした。

これらの作品を『毎日かあさん』『ぼくんち』などでおなじみの漫画家、西原理恵子さんとポピュラーサイエンス誌で「未来を変える33人」の一人にも選ばれたロボットクリエーターの高橋智隆さんを特別審査員に迎えた計6人の審査員が厳正に審査し、各賞入賞者が決定しました。

また、同コンクールでは応募作品1点につき10円をゆうちょ銀行から財団法人日本ユニセフ協会、独立行政法人国際協力機構(JICA)に寄附されることになっていて、今回は前年を上回る多数の応募があった結果、寄附金総額は7,824,630円にも上りました。寄附金は両団体を通じて、開発途上国の子どもたちのよりよい生活に役立てられるそうです。

今回入賞した240点の作品は、2011年1月 6日(木)からの東京タワー会場を皮切りに全国5ヵ所(東京・北海道・名古屋・大阪・福岡)で展示される予定です。子どもたちの夢と想像力が詰まった貯金箱、あなたもぜひ見に行ってみては?

【関連サイト】
第35回 私のアイデア貯金箱コンクール ホームページ

【お問い合わせ先】
私のアイデア貯金箱コンクール事務局
●電話番号:0120-296285
●受付時間:平日9:00~19:00(土・日・休日・12月30日~1月3日を除く)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。