出窓に、カウンターに、家具の上に、ちょっとでも空間があれば、何かを飾りたくなるのは人情。でも、お掃除・お片づけが苦手な人は、ちょっと待って……!
 

飾りたい! だって可愛いんだもん 

飾り物

可愛い小物と、ちょっとした空間があれば飾りたいのは人の常、だけど……?

人気のインテリアショップに入れば、あれもこれも素敵な雑貨が目白押し。お誕生日に、記念日に、ちょっとした飾り物をいただく機会は多いもの。当然、飾りたいですよね? こんなに素敵で、きれいで、可愛いんだもの。あなたはこれらをどこに飾りますか? テレビの上? タンスの上? 玄関の下駄箱の上?

さて、ここで自分の日常を振り返ってみましょう。こうやって飾った場所を、あなたはこまめにお掃除できていますか? 今まで飾ってきた素敵な雑貨たちに、ホコリはたまっていませんか?

「飾る」にも、実力が要る

空間さえあれば、誰にでもできるだけに、皆がいろいろなモノを飾りたがります。でも、「飾る」って、実はとっても難易度が高いことなんです。雑貨を飾った場所を、こまめに掃除できて、余計なモノを置きっぱなしにしてしまわない人は、どれだけ飾ってもOK。問題は、それが苦手で、できない人。あなたが、せっかく飾った素敵な雑貨にホコリをためてしまい、そのそばに、関係ないモノをついつい突っ込んでしまうタイプなら、今日から「飾り方」を変えてみてはどうでしょう。きっと、余計なイライラが少し、減るはずですよ。

掃除嫌いな人にNGな飾り方

ついついやってしまうのが、「素敵な雑貨を買った(いただいた)。どこに飾ろうかしら。あっ、ここが空いてる!」と、目についた空間(空きスペース)に考えなしに置いてしまうこと。これを繰り返していると、部屋中いたるところに、無秩序に飾り物が置かれ、散漫な印象を与えると同時に、掃除をタイヘンにしてしまいます。人形や飾り物など、立体的な雑貨を置いた場所は、いちいちそれをどかして拭いた上に、その雑貨自体のホコリも払わなければならないので、掃除が複雑です。それが面倒だと、ついつい何日も放置してホコリをため、次第にとれにくくなっていく……。

それでも飾りたい場合、どうすればよいのでしょう? >>