北里大学病院が28,350円でTOP 

次に個室の差額ベッド代最低額が高い病院(神奈川県内)のBEST10です。下の表をご覧下さい。
個室の差額ベッド代最低額が高い病院(神奈川県内)BEST10

個室の差額ベッド代最低額が高い病院(神奈川県内)BEST10

前ページの高額な差額ベッド代の設定がある病院(神奈川県内)BEST10は、どちらかと言えば興味本位のランキングですが、個室の差額ベッド代最低額が高い病院(神奈川県内)BEST10は、誰でも知っておいた方が良い内容です。それは、病気やケガで入院することになった時、どうしても個室を希望した場合に、最低でもいくらの差額ベッド代が必要になるかを表しているからです。

1位は北里大学病院の28,350円で、4病院が2万円を超えています。10位になると12,600円まで下がり、東京都に比べたらかなり庶民的な価格帯になっています。最高ランキングと同様に横浜市内の病院が6病院で最も多く、3つの政令都市にある病院が中心となっています。政令都市以外の病院では、高額な差額ベッド代で1位になった東海大学医学部附属病院の存在が際立ちます。

普通の人がどの病院に入院するかを考えると、おそらく自宅や職場に近い病院や、診療所等から紹介された病院、その人の治療に適した病院などであり、差額ベッド代を確認してから入院するようなことは少ないかと思います。その為、入院した時にはどうしても個室を希望したいと思っていても、縁あって入院した病院が北里大学病院だったら、2週間入院なら最低でも396,900円、1週間でも198,450円の差額ベッド代が必要になります。それが無理なら個室を諦めなければなりません。

ただ、BEST10以外の病院をみてみると、1万円以下の個室を用意している病院も多くあります。昭和大学藤が丘病院(横浜市青葉区)の2,110円や曽我病院(小田原市)の1,050円などのような価格帯であれば、普通の人でもお気軽に個室での入院生活を送ることができそうです。



次のページは神奈川県内にある42病院の差額ベッド代(室料差額)です。